FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

(#^.^#) 

2018/08/16
Thu. 11:39


sunder.png 

 公式サイト ⇒  サンダーボルト ファンタジー

日本でアニメなどを手掛けるクリエーターが
台湾の人形劇を映像化したアクション活劇です。


人形なので、基本表情はつきません。
なので、声優さんの演技が物をいいます。
特に気に入ったのが人斬りのセツムショウ(殺無生)
映画編はもうこのキャラクターの独壇場です。

でもまったく無表情というのではなく
稼働性のある手指や脚の、緻密な操作に目を奪われます。
そこは現地の職人さんたちの、迫力のある演技といえます。

そして原案と脚本を書いたのは日本人で、とても人気のある人です。
このひとのアニメ作品は数本観ただけですが
とても話が分かりやすい、のではないかと思います。
この場合は時代劇風なので、口語とは違って
いかにも戯曲といった感じですが、そこがまたイイと思います。

今年の秋からシーズン2がテレビで放映されるそうですよ。


このまえ初めての胃カメラ検査をしてきました。
本当に眠ってたら終わってました。
けど目が覚めたとき、体に棒を突っ込まれたような違和感が(笑)
まあ少ししたら消えましたが。
年をとると体のメンテナンスしないとね(=_=)・・・





関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

(*‘∀‘) 

2018/05/25
Fri. 16:18

dance.png

クラシックバレエの漫画です。

いや正確にいうと、ダンサー漫画だと思います。
ダンサーが大好き!そのリスペクト半端なく
作家さんのフェチが作品に、いわゆるダダ漏れしている──
と私は思っています。
けどきっと、これでもずいぶん抑えてるほうだと思われます。
たぶんもっと語りたい(笑)

要はダンサーてひたすら華奢、なイメージが一般的?
でも実態は全身マッチョなのだと。
そらもう背中から足の裏の筋肉まで鍛えあげる
そのための地道な努力が、必ず実を結ぶと己を信じる少年少女たちの物語です。

ただし裕福な家庭のお稽古ごとの延長とかゆうのではないので
そこが面白いところだと思います。
優雅?むしろみんなガツガツしてます!

なんかキャラクターに共感というより
作家さんに共感する漫画ともいうべきか・・・?
だってさ~あんなに自由に身体が動かせる奴らなんか
羨ましすぎて感情移入とか~( ̄∇ ̄;)

こちらの作家さんは、女性誌分野では人気があるようで
失礼ながら存じ上げず・・・絵柄も表紙見る限り好みとは・・・
だからこそ読めてよかったですwww



関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

( ^)o(^ ) 

2018/05/06
Sun. 22:22

今でも朝とか夜とか少し寒いんですけど
毎年そうだっけ? 何十回と五月はやってきたのに
去年の記憶すらないのは何故なんだろう・・・



少し前に、アマで買い物したとき、うっかりプライムになってしまい
ひと月以内にキャンセルすればいいや~と思っていたら
いま「ゲームオブスローンズ」が有料会員ならタダで観られるようになってるんですよ!
もう一回じっくり観たいと思っていたので、はい今も会員から抜けてません。

最新章は別料金だったので、ゲオで借りて観たのですが(そのほうが安かった)
落とし子の鍛冶屋の青年が、なんだかキャラが変わってしまったような~?
そしてキングスガードのジェイミーは、毎シーズン見せ場があるなあ~と感心しました(笑)

他にもラッキーなことに「good wife」のスピンオフをみつけました。
実は主人公そっちのけで一番好きだったキャラが今度の主役なのでとても嬉しいです。
やっぱりみんなこの人が好きだったんだなあ(笑)
GOTで野人だった女性も出てきます。「The good fight」


アマといえば、BLを最後に買ってから数年経ちますが、購入履歴のせいか
未だにそこらあたりの新刊をお勧めされるのですが
そうだなあ、イシノアヤさんの新刊どんな感じか気になるなあといった温い欲求しかないですが

先日まるで期待しないで観たアニメが、なんだこりゃ、ただのBLではないか!!(賛辞)したのが
「博多豚骨ラーメンズ」 登場人物みな職業コロシヤという特殊な中
青年が女装してるのなんか、どーでもよくなるくらい心癒されるサスペンス・・・?
伏線もこっからここまでですよ!ってキャプション付きかと思われるくらいわかりやすく
かつ完ぺきに回収される展開しかも元カノ登場とかそれ当て馬常套ですやん!
ていう感じで、最近の自分に欠けていたものがちょっと満たされた作品でした。
肩に力の入らないものが観たくなったらどうぞ!楽しいです。



日ごろブログに書きたいな
と思ってもすぐかからないのは
書き上げるのに時間がかかるから、なのだと気が付きました。
文章を丁寧に書こうとすると、脳のスペックが低いので
時間がかかってしまうのです。今日は止めておこうとなるのです。
丁寧だろうとなかろうと、下手は下手なのだと割り切ることにしました。
そういうことでよろしくお願いします(要するに雑)


関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

(^◇^) 

2018/01/01
Mon. 13:48

あけましておめでとうございます。

毎年この日が嫌いです。
だって何も予定がないからです。

家族がいれば違ったでしょうけれど。



今みてるドラマの「シカゴメッド」
シカゴシリーズはこれしか観てないんですけど

男のドクターが部下のドクターにネクタイを贈るシーンがあって

ちゃんと理由はあるにはあるんだけど
それって普通か? てなりました^~^


ゲームオブスローン新作は近所でレンタルしてたので
お安い日を狙って借りることにします。

アサシンの男の人が好きで(名前あったかな?)
合言葉?のセリフを着信音に設定したくらいなのですが
まだ出番があるのかないのかが気がかりです。

出てきてもイイ役じゃないかもね~?




関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

^_^ 

2017/12/26
Tue. 22:52


ブログ久しぶりです。こないだキーボードにコーヒーこぼしたせいで
Sがちょっと硬いです。マウスもだけどコードレスってのは便利でもあり
私みたいなズボラはすぐテキトーなとこに置くから・・・



数か月前、とうとう有料動画サイトに入ってしまい
ずっと見たかった海外ドラマの続きを一気見してしまいました。
「グッドワイフ」ってゆうんですが、そのなかの女性調査員がバイセクで
それはもうモテモテなんです、男からも女からも。
なんでも彼女が知りたいことしゃべっちゃうという(笑)

はまり役で人気のその女優さんは、でも主役と個人的に仲が悪かったらしく
そのせいかシリーズの途中で去ってしまうのだけれど
ストーリーでも主役とほとんど絡まなくなって、その去り方がまた寂しいものでした。

人間関係って難しいですねえ。

私は、友達がいません。

性格に問題があるんですね。
私は心を開く相手ができると、そのうち自分と相手の境界があいまいになって
自分の望むような言動や反応を期待せずにいられなくなり
でも無理に決まってるわけで、それがストレスになって相手と距離を置きたくなる。
嫌われちゃう。

傲慢。

なんでこんなこと書いてるかというと
最近は何かに感動して、それを伝えずにいられないということも減ってきて
ぶっちゃけ書けることがないというのもあるし
そもそもこんな零細ブログに書いたところでのう・・・
穴、そう自分で掘った穴に向かってしゃべっているような?
ふふふ、引くよね。

もうすぐお正月だなあ。
誰ともしゃべらないお正月はなあ。
「ゲームオブスローンズ」の新作、レンタルまだかなあ?
動画サイトでやってくんないかな~



関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

こんにちは
いきなりですが、最近面白かった漫画は

「ザ・ファブル」
「セトウツミ」
「アオアシ」
「ベイビーステップ」

以前のように画像付きでリンク、と思ったら
やり方を忘れてしまいました。あれ・・・
ヤバくね? どこでどうやって検索してたっけ(;^ω^)



先月、映画専門番組でハリポタ一挙配信してました。
小説ではラスト一冊だけ読んでなかったのでやっと終止符が打てます(少し違う)

一作目から観てたら、なんかひとりの少年が気になります。
セリフもあるかないかのこの子が、成長するにつれて、どうしても無視できません。
と思ってたらそのうち現在の姿とほぼ一致しました。
そうか、君は有名だったんだね。
最近のドラマで主役の一人として、犯罪を重ねながら実施で法律を学ぶ学生役をやってます。

ドラマなどで、何か罪を犯すと、大抵は報いを受けたり償いをしたりしているなあと感じましす。
逃げっぱなしとか、目的や利益を享受しておわり、てのは多くはないかもしれません。
フィクションにも倫理ってのがあるのかなあと漠然と感じます。

理不尽だの不条理だのといった世の中で、ドラマ等こそ、そこは最低限のラインなのかもしれません。
だからストーリー展開に目が離せないんですね~ 
どうなるんじゃウェス、とその仲間たち!!
シーズン3ではもっとコナーたちにイチャイチャして欲しいです。



さて、最近
英語字幕版で、昔懐かしい「フルハウス」の放映が始まってまして、自分も見てるのですが
かのジェシーおじさん、今見かえすと、すっげえ若い笑 お肌が水弾きそうってな様子です。
近年「ER」でお見かけしたときも、どうしていつまでたっても老けないんだろうと思ってたら
当時が思うほどに”おじさん”じゃあなかったと。なるほど。確かに母親の弟でしかなかったわけで。

で、どうして英語字幕なのかというと、あわよくば生きてる英語を身に着けようという企画なのですが
この内容で、日本語字幕と2本続けてみるのは辛いものがあります。子供ありきのストーリーなんですもの。
だからこそ言葉が平易、というのは納得できるんだけど、やっぱ時代が・・・
こうゆうのはやっぱ同じコメディでも「ビックバンセオリー」がいいと思うのです。
何回でも観られるし、楽しいし、と思うのは私がオタクだからでしょうか。そうでしょうね!



またしてもひさしぶりの更新になりましたが、特に何もないわりに窮屈な毎日です。
余裕がないせいで、自分は罪、というより、ストレスから逃げるあまり
好きなことしかしない、見たくないものは見ない(主に掃除とか掃除とか)
なので、そのうちツケがたまって、追い込まれていくのは目に見えています。

時期的に遅いのですが、やっとのことでホウ酸だんごを作りました。
なのに天気が崩れて天日干しが足りません。
これもぐずぐず先延ばしにしていたせいでしょうね。

ではまた会いましょう(^▽^)/





関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-08