FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

bl comic > SHOOWA 2012 / Papa's Assassin


パパ’sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~ (ミリオンコミックス  Hertz Series 118) パパ’sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~
(ミリオンコミックス Hertz Series 118)
(2012/03/01)SHOOWA
フランス人のダニヨルは、セーヌ川らしきところで一人の幼子を押し付けられる。
以来、世間に顔向けできる仕事に就き、我が子として愛情を惜しまず、龍之介を中心に回る日々。
素直で優しい少年に育ったと思っていたが、まさか息子がゲイとは思ってもみないダニヨル。
そしてとうとう龍之介の出自が明らかに? 以下、陰謀渦巻くことになりそうな続刊を待て!



ショーワさんのキャラは、見た目から無国籍。 もうね、日本人か否かなんてどうだっていい。
何語で喋ってようと関係ない。 男でありさえすれば!!!ヽ(´ー`)ノ



さて(笑)
高校生の龍之介、ダニヨルのことを実の父と疑いもせず、それでも好きで欲しくてたまらない。
そんな彼を不憫に思うばかりといかないのは、16歳美少年(笑)の性生活が
放埒で享楽的で、爽やかに淫らなせいだろうか(爆) 
そこまでとはもちろん、ダニヨルの知るところではない(^.^;

ダニヨルは、過去に犯した何らかの罪を贖うように龍之介に愛を注ぐ。
父のように、兄のように、時に友人のように (ほとんどはオカンだけど)

出会ってから14年間、最優先事項は龍之介だった。その絆を引き裂こうとする影。
ダニヨルは龍之介を失うことに耐えられるのか。
自分から引き離そうとする何者かに立ち向かうためにダニヨルは
これまで封印してきた別の顔を私達に見せるのだろうか。



なんて、そこまでシリアスな展開にはならない気もするけど・・・
さては龍之介のGFの秘密が、鍵になるかしらね?


もし、この義親子がカプになったら、二回り以上は歳が離れていることに。
・・・でもあと20年ぐらい余裕か(何が) だってフランス人だもん(根拠不明)





日食に備えて百均で観測グラスを買ったのはいいけど

曇天過ぎて太陽の位置さえ分からなかった・・(´・ω・`)ガッカリ…


前回は暖かい励ましに心打たれました。

ありがとうございます。 ばーど。








スポンサーサイト



拍手する

[edit]

***
***

page top

:cvii 

2012/03/12
Mon. 00:08

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよetc.・・・的マトメ記事


リミッター (花音コミックス) リミッター (花音コミックス)(2012/02/28)モンデンアキコ
ある殺人事件、その解決にまつわる事実を知るのは犯人とふたりの刑事だけ。
本庁へ戻った八木は数年後、所轄から移動になった雨宮と再会するが。

表題作は、限りなく本格刑事モノっぽい雰囲気を出しつつ、かつBLっぽい味もありの
要するにどっち付かずの気もするが、でも無理やり融合させようとすると結局
嘘っぽさだけが引き立つのかも。その際ぎりぎりまで引っ張ってくれた結果かもしれない。
でもこのカプ、最初はピンとこなかったけれど、後からジワジワきたりして(*´σー`)エヘ

改めて思うけど、作家はBLが好きなのかな、単にチャレンジャーなのかね?
筋肉フェチなのは確かだろうけど?(笑)


既刊の続編の若頭×組長のリバものは楽しいっちゃ楽しいが、やっぱイヤなのね下が(爆)



イベリコ豚と恋と椿。 (GUSH COMICS) イベリコ豚と恋と椿。 (GUSH COMICS)(2012/02/10)SHOOWA
見た目はヤサグレた高校生集団、実はゴミの分別に使命を燃やす超硬派男衆!

という、わりとぶっ飛んだ軽い内容で 、実は何を隠そう私はこの人気作家が
ダークサイドな複雑さ?ゆえに苦手(´∀`*)>だったのだが
初めて楽しい思った。 つか白黒はっきりしたエッチ度高めだからという私の単純さよ。

とはいえ、高校生にして既に人生をやり直そうとしているとか
タダモノのじゃないキャラたち、どうしても普通の男の子だけじゃ物足りないようだ(笑)







関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

:XXXV 

2010/06/09
Wed. 08:00

bl comic >
新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよ・・・的スキマ記事



なんだかホントに涼しいというか寒いというか
そういえば梅雨なのかどうなんだ?という天気でありんす。

5月のあいだに読んだ本の第一弾。
☆1コは追記に詰め込んだので
せっかくだから、仕方ないなあ、という気持ちが沸いた方は
冷かしてってね・゚゚(;´Д`)・゚゚


恋の中 (CITRON COMICS)恋の中 (CITRON COMICS)
(2010/04/10) 桃山なおこ ☆☆☆
初恋の彼を悼むという設定は、実はあらゆる作家さんが挑んでいる。
それなりに桃山さんの個性がでていたかなと。
オチがわかっているからこそ効果的かどうかは人それぞれかな?


きぐるみプラネット 1 (キャラコミックス)きぐるみプラネット 1 (キャラコミックス)
(2010/02/25) 麻々原絵里依 ☆☆
地底人が超絶美形という設定が納得できる画(笑)
でまた着ぐるみがキュート!あの大雑把なパーツで
表情が豊かなんだよ? 着ぐるみ漫画の巨匠!!


夢中ノ人 2(バーズコミックス ルチルコレクション)夢中ノ人 1・2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2010/02/24) 田中鈴木 ☆☆
私が一番のお気に入りのキャラは誰かというと それは
弟思いで職なし金なし運なしの三拍子揃った、壮太の兄ちゃん♡



ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)ジンと猫は呼ぶと来ない (花音コミックス)
(2010/03/29) SHOOWA ☆☆
「向日性のとびら」続編だったりする。天使の話は、奥が深い・・・
書きたいものを書いた人気作家のSHOOWAさんらしい作品だろうが
私には現実味から遠すぎて、それがなんか口惜しいのさ。

-- 続きを読む --
関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-11