FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

阿仁谷ユイジ『目をとじて3秒』 

2010/04/10
Sat. 22:15

目をとじて3秒 (ドラコミックス 231)2010/04
bl comic > Yuiji ANIYA / closing the eye,3seconds


チバの幼馴染みのヒロトは、いつも俺様なジャイアン。それでも大好き。
彼に振り回されて腹も立つけど、ケンカしたくないからジッと我慢。
目をとじてカウントして激情をやり過ごす。1、2、3・・・

そして家に帰れば唯一の家族の父が、女装にフルメイクで我が儘放題。
いちいち怒ったり嘆いたりしていたら身が持たないのだった。
そんなある日、父がヒロトに問答無用で転校を言い渡す。



表紙を見て、今回はシリアスなんだな?と期待していたらば
はあ、真面目には違いないが、えと、えと(・ω・;)(;・ω・)
あのお父ちゃんには参った(爆)


ずっと最初から最後まで食べるシーンがやたらと多い。
「食べる」という動作や「料理する」という行為に
一過言ある作家なのだと分かるし、実際に自身のと思われる料理の写真を
よくツイートしてるのを拝見すると、ちょっとしたカフェめし風だったり
見た目もかなりのこだわりで、美意識も高いんだなと伺える。

その「食」の意味に見当をつけるなら、生命力であり愛であり欲望なんだろうが
そう列挙すると、いかにも阿仁谷さんのBLそのものという気がしてくる。

しかし、なのによくわからないが、私の萌えの琴線に響かない。
これはちょっと、どうしたらいいの!!Σ( ̄Д ̄; ) ガーン
理由がわからないのが辛い・・・


最近の阿仁谷さんは
鳴り物入りで創刊された、話題の新雑誌の零号でSFを発表するなど
その奇才ぶりはBLだけに留まらずジャンルを超えて認められつつあり
喜ばしいことだと思う(すいません、読んでませんが 6(⌒?⌒ι)

これからもBL作家としての一面がなくなることはないだろうし
新刊がでればまだまだ注目していきたい作家には違いないと思うけどね。


スポンサーサイト



拍手する

[edit]

***
***

page top

阿仁谷ユイジ『男子迷路』 

2010/02/12
Fri. 21:46

男子迷路 (CITRON COMICS)
bl comic > Yuiji ANIYA 2010 / A boy maze


ノンケ男子 ゲイ男子 双子男子
欲望に付随する、ありとあらゆる感情から
その愛を検証する。そのためなら
ときに女すら主役にするBL!!?


この単行本は、色に例えるなら
ピンク(笑)


例えば恋心を否定されたり利用したり、心を傷つけたとしても
しょうがないよ、それが愛ってもんだろ?と言わんとする
とっても 能天気 幸せな作品集・・・なのか?(^-^;A

これはまた実験的というか遊び心満載というか
ギャグというか、まあ面白いんだよ。
キャラも個性的で、確かに可愛いし。

でもなぜこんなに、ひと様のラブラブが面白くないのか
BL読んでいてこんな気持ちになったのはあんまりないんだけど(爆)
いや、もし恋のまっただ中にいる人が読んだならウケるのかも。

うん、ちょっと私の被害妄想と妬みが入った感想やね(笑)
でもドラちゃんは可愛かった?(^o^)v


拍手する

[edit]

CM: 0
***

page top

阿仁谷ユイジ『カンゴク69』 

2009/08/06
Thu. 09:53

bl comic > Yuiji ANIYA 2009 / jailhouse lock


ここは超スパルタ全寮制予備校。
外泊はおろか、異性交遊も禁止。
成績が振るわなければ外出も夢。

毎日勉強漬けで、囚人みたいに自由もない。
だけど、だからこそ、咲かせなきゃいけないんだ。
満開の桜と、恋の花!

(表題作)


全編エロス、だってピアスだもん(笑)
けどラブもいっぱい、だって阿仁谷さんだもん!
しかも!アホだし!!(≧ ≦)Ω

とにかく受も攻も区別がなく
好きな相手をただ歓ばせたいという、与えあう愛で溢れている。
けど、けど、けど、それって
なんかレズもの読んでるみたいなんだけど・・・(笑)

いや?引き合いに出せるほど百合もの読んだことはないんだけど(~_~;
BL的萌えという狭義を超えて前衛的
だけどまだまだこんなもんじゃないって
リバの未知の可能性が伺えて面白い。


もうひとシリーズはナイチンゲールと呼ばれる
出張イメクラ・コンパニオン 愛仁(アイジン)が恋に落ちるストーリー。

客の望むキャラで、シチュエーションで
客の体を満足させ、同時に疲れた心も癒す。
それはまさに、人を恵み慈しむ心 仁愛。

どんなお客であろうと全身全霊で愛する
だからこそ彼らはナイチンゲールなのだ。
だけどそれは、誰も愛してないからこそできること。
だから愛仁は恋をしたとたん、神通力のように、その術を無くす。

愛仁の、風俗という仕事と、本人の純粋さに
ギャップがあって然るべきなのに
しかしなんの矛盾もなく納得させられてしまう。


掲載誌がピアスだけあって、徹底した数々のプレイ。
その妥協なき全力投球ぶりに脱帽(笑)
ピアス的命題をクリアしつつ、純愛にこだわったところに
阿仁谷さんのプロ根性をみた!o(⌒▽⌒)ツ☆



今回ポスカ全プレで、読者負担金は切手代のみ! ありがたや(T人T)
私は前回の小冊子で追徴金(笑)1500円のせいで涙をのんだからして。
そこはファンなら金を惜しむなと云われそうだけど
ここで応募したら負けだと、妙に腹を括っちゃって<(; ^ ー^) 
こんなに未練が残るなら、応募すれば良かったかな・・・ <--バカ

拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

bl doujinshi > Yuiji ANIYA 2009
B6|300頁|フルカラーカバー



過去の同人誌をほぼ全編一冊にまとめられたそうです。
二次漫画中心ですね。
京極堂からテニプリからリボーンまで。

正直ゆうと、さっぱり分からんかったのですが(笑)
過去の作品に触れることが出来て
巧みにファン心理を満足させてくれます。

仕事で忙しいであろうに、企画プレゼントとか
読者サービスに時間や手間を割いてくださる
ホントに素敵なヒトだなあと思います。
いつか会いたいです (; ̄ゝ ̄)トオイメ...


イベントにも参加されるそうですが
ネットで発売日に注文しました。
(自分は買いにいけねーからして!(;´▽`A``)

委託販売店および収録内容はご本人さまサイトに詳細があります。
    ↓    ↓    ↓

拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

阿仁谷ユイジ『恋愛裁判の行方』 

2008/12/07
Sun. 09:53

comic > Yuiji Aniya 2008 /
Whereabouts of love judgement


真面目な人間程切れると怖い。

お堅いはずの弁護士先生が
昼間に事務所で無防備に寝ている男を襲うなんて!!

好きすぎてリミッターが振り切れた人間て
なんて愚かで情けなくて恥ずかしくて
いやらしくていじらしくて可愛らしいんだ!

あにゃさん、FANTASTIC♪

でも、なんかハンパ・・・
それもそのはず、完結編は多分小冊子に持ち越し。
タイトルは「恋愛裁判の行方」だけど
行方に非ず! 審判は下っていない。
審理無効で却下じゃ!(意味不明)


雑誌連動企画なので、あと1500円程払わないと読めない。
それで届いたのが大冊子じゃなかったら
怒るでホンマにしかし!

(T_T)あこぎじゃ、カモられてる。
あーでも読みたーい (●`ε´●) ぶー


小冊子の内容はアンケートの人気投票で決めるそうです。
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

阿仁谷ユイジ『刺青の男』 

2008/10/08
Wed. 00:13

comic > Yuiji Aniya 2008 / 阿仁谷ユイジ『シセイノオトコ』

肉を切らせて骨を断つ。
捨て身で懐に入り込み、ヤクザの息の根を止める。
その男の名は久保田、潜入捜査官。
彼の誤算は、刺青の男を愛したこと。


破滅させた男、させられた男。
自滅した者、報いを受ける者。

このなかに、カッコいい男なんか出てきやしない。
悲惨な最期を迎えた者や
重い十字架を背負った奴らを
蔑んだり同情するのは簡単だけど。

でも、それってヤクザという特殊な世界の男だけの宿命かな。
この中の誰かに、いつか自分がそうならないと言えるかな?
そんなふうに深く感じ入ってしまった・・・


阿仁谷さんが描くところのヤクザものとは
他のどの作家さんとも違う切り口で斬新。

また、その独特の艶めかしさにも魅了されてしまう。
そのエロスの徹底ぶりたるや、愛以外の何ものでもないと。

濡れ場の上手い作家さんは表現者としてのスキルも高いなと思う。
上手い、といっても好みにもよるだろうけどね(笑)
すごい作家さんだと、改めて思った。

(⌒_⌒)v 
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

阿仁谷ユイジ『ミスターコンビニエンス』 

2008/08/20
Wed. 05:46

comic > Yuiji Aniya 2008

新刊が出たんだよねー、えっと1stコミックどんなんだったけ?
久しぶりに「喜劇は恋で進化する」を読みかえして
矢も盾も溜まらず、翌日書店をハジゴしてゲット。
期待は裏切られなかった、ということですじゃ (⌒-⌒)v

コンビニ店長(31) × フリーター(21)

コンビニに場末なんて定義があるとは知らなんだが
12時間営業なんて聞いたことない(爆)

左遷コンビニ店長北村の全てそこそこの評価、そこそこの人生に
突如あらわれた想定外の若造、スパイシー(笑)竜司。

恋人の浮気につけいられ、竜司の一途でひたむきなエロ仕掛けに
気がつけば後戻り不可!

は?エロい・・・( ̄▽ ̄;) 
受はもちろん攻もね!!

もちろんそれだけじゃなくて
傷つきやすくて体当たりな恋心が切ない純情ローカルBL!
博多弁の告白は、モロにくるよ?!

( ^ー゜)b
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2019-11