FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

鈴木ツタ『メリーチェッカ』 

2011/02/03
Thu. 15:08

bl comic > Tsuta SUZUKI 2011 / MERRY CHECKER


メリーチェッカ (キャラコミックス)メリーチェッカ (キャラコミックス)
(2011/01/25)鈴木ツタ

「3軒隣の遠い人」に登場した会社の先輩 潮見は、人気ブログの管理人。
オンでは全て思いのまま、でもオフになると?



ハンドルネーム 塩(潮見)は毒舌日記の超人気ブロガー。
趣味の人間観察を独自の洞察力で日々つづっているが
その私生活はいたって普通のサラリ―マン。

いや、普通とは云えまい。
合コンに行くのは異性を物色するためではないし
同僚や取引先だってネタにならないかと常に目を光らせ
昼休みは誰ともつるまず、携帯片手にひとりランチパック。

他人に興味はある。だが誰とも関係を築こうとしない。
徹底した、個人主義で秘密主義。自分と他とを隔てる壁は
自分を外から守るためというより、素の自分を閉じ込めるもの。

オフでは、常識ある社会人としての体面を保っているが
自分のことを語ったり本音を漏らしたり、感情を表したりするのは、苦手。
したたかでニヒルなのが自分だと認知されて初めて安心できる。
だから、褒められたり、あまつさえ可愛いなんて云われてた日には、キ、キレちゃう(爆)

なのに癒し系ブロガー みやには、そのシールドが効かない。
初めて会ったばかりなのに冷静さを欠き、強くもない酒でつぶれて、すっかりリラックス。

ふだん人と距離を開け、自分のことを語らず、喜びも分かち合わない潮見は
いくらブログで塩として発散していようと、疲れているのだ。慢性的に。
潮見曰く「ひとりでも大丈夫」 でもそれは、半分は本当。半分は強がり。 

 

みやは、人より大きな体で愛らしいオーラを放ち、素直で自分を飾らず、優しくて。
何より塩ことを大好きで、言葉と表情でそれをまっすぐ伝えてくるから。
まるでペットを抱いてるように癒されて、同時に包まれているような居心地の良さ。
そんなみやになら、きっと恥ずかしい自分も、みっともない自分も受け止めてくれると信じられる。

でもどうして友達じゃいけない?
その優しさを、自分にだけ向けて欲しかったから?
みやだって決して器用ではないなりに、全部手の内を見せて、すなわち求愛してみせたから?
それとも最初から、もう好きだった?




誰にだって潮見の一面ってあるよね。
プライベートエリアとかパーソナルスペースに、どこまで踏み込ませるか、解放するか。
友情に限らず、もちろん恋愛にも云える。
ちなみに、私は潮見にシンクロ率高め、かなり(笑
ブロガーとしては足元にも及ばないが(爆

言えること、言えないことを選んで人としゃべるのは、本当に疲弊する。
上滑りで希薄な人間関係。 きっと相手だって気がついている。

潮見は、でも塩として表現していた。それだって自分の一部に変りない。
みやの洞察力は、塩の毒舌の裏の、潮見自身まで見通していたのかもしれない。
潮見はみやにとって、気がつくと傍らで寝ている猫みたいに可愛いのかも。


・・・けど!これからはハンドルネームで呼び合うの、マジでやめてくれないかな。
なんかやだ(爆
 

スポンサーサイト
拍手する

[edit]

***
***

page top

鈴木ツタ『WORK in』 

2010/04/03
Sat. 22:09

WORK in (ドラコミックス)2010/03
bl comic > Tsuta SUZUKI / work in

 
ゲイであることを職場でバラされた飯塚。
同僚から距離を置かれ、好奇の視線にさらされ
孤独で居たたまれない毎日だったが、若い上司が配属されてきて・・・



飯塚は真面目に働く立派な社会人。
それなのにゲイというだけで居場所を失ってしまった。

寂しさも、哀しさも後悔も全て封印して
それでも毎日出社する飯塚は、だけど決して強いわけじゃない。
何かのきっかけがあれば、それは途端に溢れ出してしまう。


鈴木さんの描いているキャラたちは、飯塚をはじめ
大人で男であっても、脆くて繊細で悲観的で卑屈で、そして泣き虫。
傷つくことを怖れて、関係を築くことを躊躇う。

そして勇気を振り絞った者たちが
幸運にして手に入れた、愛する人との夢に見た未来。

それこそが運命の出会い。


う?ん、これはすっごくハマった!
主人公たちのモノローグが効果的に作品に滲み出て
一回目より2回、3回と読む度に、より深く感じ入ってしまった・・・
これは鈴木さんの作品のなかでもかなり好きだ!


タバコ屋編の続きが期待でワクワクだよ? 
もちろん今度こそ work in!(笑)


拍手する

[edit]

CM: 2
***

page top

鈴木ツタ『僕の知るあなたの話』 

2009/01/10
Sat. 23:48

comic > Tsuta SUZUKI 2009 /
Your story I have known

エロの語源て、そうなの?

ま、そりはさておき(笑)

インテリ、とは言えないような
古式ゆかしい粗暴な現場主義の構成員 渋沢。

渋沢の良心であり、同時に癒しでもあるのが
いわゆる< 可哀想 >で頭のゆるい
けれど純粋でまるで水晶のような 波亜人(175)

面白いんだけどさ
やっぱりそっちが下、なのね(笑)
でもそこを敢えて逆の逆をついて欲しかった気分。
でもそれだと、はなしまで変わっちゃうかなあ( ̄▽ ̄*)


短編「かみさまの目をぬすんで」
盗んで、そ、それから??
オフィスラヴのことかいな(笑)

すっとぼけ楢崎、君が三十路になるまで
愛だの恋だの縁がなかったのは
その髪型のせいでは・・・?

どっちが攻がいいかって?
この場合は、やっぱ年下攻所望かな。
ま、どっちでも(笑)
面白かったから、未遂でもいいや ← 嘘

(^-^)妄想啓発問題ちょっとだけやる気に
拍手する

[edit]

CM: 9
TB: 0

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。