FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

杏野朝水『瞳をすまして』 

2009/04/06
Mon. 20:03

novel > Asami KYOUNO 2008 / clear ur eyes


「澄ます」とは、一般的に聴覚のことをゆうだろうけど
主人公は生まれつき聴くことができない。
したがってツールを除いたコミュニケイションは
手話と、表情の要である瞳になることから
たぶんこんなタイトルになったのかな?


不慣れな大学生活に戸惑っていたトワは
モデルとして学業と両立できずに悩むシゲトに出会い
互いに励まし合いながら、いつしか惹かれていって・・・


しかしどっこかで似たようなはなしを読んだような
そんな気がしてならなかったけど?
たしか片足に事故の後遺症が残って
そいで兄と兄の親友が出てきて・・・
ん?  似てると思ったけど、そんなことないか(笑)


トワは耳が聞こえない分、目から入る情報にも
人一倍鋭いというのだろうか?
恋人が人並み外れて美しい男であることを
常に強調してるみたいだから。

モテるという意味では嫉妬という感情が利用できて
いいかもしれないけど必然性に疑問。
好みの問題かもしれないけど
少し無骨でクールなくらいが面白かったかなあ。


しかし、ハンディのある主人公につきものの?
過保護で過干渉な兄のほうが気になって気になって(笑)
過去に男で痛い目にあっているという美味しい設定。
機会があったら兄編も書く予定だそうなので期待。


(^-^; 携帯で早打ちができるふたりなので
ジェネレイションギャップも(笑)
スポンサーサイト
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。