FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

松岡なつき『センターコート』全3巻 

2009/04/22
Wed. 22:50

novel > Natsuki MATSUOKA 1998 / Center court


今日、堤防の土手を走る高校球児に
思いがけず遭遇して、暫し見惚れる。
下は普通に白いユニフォームで
上がなんて呼ぶんだろう?黒いインナー、アンダー?
だけを着ていて、すぐ気がつけなかった(^-^;

そのアンダーとやらがまた、ピタピタなんすよ!
ストレッチ素材なんだろうけど
まさには、は、は、張り付いてるんだなこれが!
いけないものを見た気がするのは、私だけ? (゚ー゚)(。_。)ウン
は?ガンプクガンプク(^人^  <-- 変態


残念ながら?今回は野球でなくてテニス(笑)
BL漫画でテニスとくれば、思い出すのは
扇ゆずはさんの「BROTHER」くらいかな。
しかしあくまでカテゴリは、BL漫画 > テニスもの?


がしかし、これはちょっと違うぞ!
テニス小説 > BL
といっても過言じゃない?!

世界ランキング200位のしょぼい(ごめんね)
日本人プロテニスプレイヤー智之が
トッププレイヤーのダブルスパートナーに指名され
人生が大きく変わっていく。


作者自身がテニスに傾倒しているだけあって
お仕着せで資料を調べたような薄っぺらいものでなく
そして何よりも作者がテニス選手をリスペクトしている。
それがいい方向に反映された作品だと思う。

とにかく、何をおいても王者ブライアンがすばらしい。
テニスでも私生活でもパートナーであった男を失い
片翼をもがれた大鷲のように打ちひしがれた姿もいいが(笑)
智之の純粋さと、自らの力で傷を癒し
再び大空に羽ばたかんとする勇姿が眩しい。

そして主人公の智之だが
始めのほうこそ爽やかな好青年だったが
ブライアントとの実力と、ふたりの心の開きが狭まるに従って
次第に三頭身に縮んでいったような心象イメージに(爆)
これにはちょっと参ったなあ(笑)

テニスパートナー = 恋人って
想像するのも大変そうだけど
戦友 = 恋人って思うと、なんだかいいよね。


BLとしての展開よりも、二人のパートナーシップ
そしてセンターコートの臨場感だけでも読み応えがあるよ。


ああ、本物のテニスが観たい?!
プレイ? は、ムリムリ(⌒o⌒;A

そういえば、京山さんの「KISS MEテニスボーイ」も強烈だ(笑)

スポンサーサイト



拍手する

[edit]

CM: 4
***

page top

2019-09