FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

:cxi 

2012/05/24
Thu. 21:42

先週、開花のピークを過ぎて、人気もまばらなバラ園に行ってきた。

悠長に香りを嗅ぎながらだと2時間以上かかるという広大な庭園を連れと歩きながら

スマン! ずっと茅島氏と庭師の妄想してた!(´・ω・)>スマソ



茅島氏の優雅な生活~プロポーズ編~ (花音コミックス) 茅島氏の優雅な生活~プロポーズ編~ (花音コミックス)
(2012/03/29)麻々原絵里依、(原作)遠野春日

最終巻。小説作品はこちら


そして今日、新刊が出ていたこともつゆ知らず、古書店でたまたま見かけたので
思わず手にとったところ、つい最後まで 立ち読み してしまった(_ _;)
この二次元作品が呼び水となって、たちまち原作の世界感に浸れるって
逆ノベライズってのも成功すると素晴らしいね!(*´ω`*)

それにしても、執事立ち会いのもと(正確には控えている)、指輪を茅島氏に贈るなんて
庶民だった庭師も、とうとうあっちの世界にいってしまったんだなあと
画でみると本当、嬉しさのなかにも気恥ずかしさ満点で、いやもう感動的(笑)
あ~もっかい原作を読みたいな!



拍手する

[edit]

***
***

page top

遠野春日『茅島氏の優雅な生活』1-3 

2009/06/23
Tue. 00:08

bl novel > Haruhi TONO 2009 / Elegant life of Mr. Kayashima


私が茅島家にお仕えするようになったのは
まだ澄人様がお生まれになる前でございます。
18歳でご両親を亡くされた時の澄人様の哀しみは察するに余りあり
また、心からお慰めの言葉をかけてくださるような
親しい者も周りにおりませんでした。

以降、それまで以上に口数が減り
最低限の儀礼的な夜会の他に、公の場にでることはなく
仕事を持つ必要もなく、ただ暇を持て余すといった以上の興味を
何に対してもお持ちでないのは明らかでございました。

そのことは私をはじめ、澄人さまにお仕えする者全ての
共通の嘆きでもありました。


しかし26歳になられたばかりの嵐の夜を境に
澄人様はお変わりになりました。
当家の庭師となって8年になる使用人に
それまでずっと恋をしていたご様子でした。

その者は、先代が誇りにしていた広大な英国式庭園で
勤勉に働くにふさわしい、立派な体躯をお持ちの
知性的で才気あふれる、魅力的な青年でございます。

青年は思慮深く、我慢強く、情に厚かったので
澄人様の愛に応えるのに、それほど時間は必要ございませんでした。
それでも青年にとっては並々成らぬ覚悟が必要であったことでしょう。

そして私にとっては、澄人様自信が望まれ
お選びになられた御仁であることが最も重要なのです。


私の願いはただひとつ、澄人様の幸福以外にございません。
その為ならどんな苦労も犠牲も厭わず、もしそれを阻む者があれば
この波多野、身を挺して排除する所存です。

これからも執事としてお仕えしてゆく決意を新たにし
秘書として才覚を現す小泉氏には
まだまだ仕事を明け渡すつもりがないことを示さねばなりません。

ですが、紅茶の入れ方は今から学んでいただくほうが良いでしょう。
紅茶は奥が深いものです。ただし・・・


読んだら、波多野と同じ境地になること請け合い?(笑)
腐女子有志による顧問団を結成したので、我もという方はぜひ?
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-08