FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

:LVII 

2010/09/13
Mon. 18:41

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよ・・・的マトメ記事


青春ティアーズ (S-lash2Comics) 青春ティアーズ (S-lash2Comics)
(2010/07/27) ぱんこ 。
 硬派にしてクールな親友を落としたのは、泣き落とし。しかもちゃっかりリバってるという!
この単行本のサブタイトルは「涙は最終兵器」ってことで・・・<(;~▽~)


好きというのになぜかしら (ディアプラス・コミックス) 好きというのになぜかしら (ディアプラス・コミックス)
(2010/07/30) 阿部あかね
初期の作品はやんちゃ、というイメージだったんだけど
最近はすっかり大人になって(笑)すっかりチンピラ風ってゆうか(爆)
三白眼のガタイのいい男たちが、目付き悪いわ、口は悪いわ、だらしないわ、すぐ泣くわ
そのくせひたすら甘い。けっして癒されないけど(笑) このビターな甘さは癖になるかも?!


生徒に教わる個人授業 (キャラコミックス) 生徒に教わる個人授業 (キャラコミックス)
(2010/08/25) 日羽フミコ
生徒×教師。 先に恋してしまった先生が、必死にその気持を振り切ろうとしているとこが
とても良く描けていると思うが、攻の俺様劣等生キャラのどこがそんなにイイのか疑問だったり(笑)
リーマンものがあるけど、いくらアパレルでも社会人らしい髪型にしようぜ!


青年は愛を乞う (drapコミックス243) 青年は愛を乞う (drapコミックス243)
(2010/08/03)日野ガラス
愛したい、愛されたい。というシンプルなテーマ。 真面目な姿勢には好感が持てるけれど。
んが、いかんせん画が少女コミック風で乙女なとこが、私は苦手。


枯れ男に泉を 2 (キャラコミックス) 枯れ男に泉を 2 (キャラコミックス)
(2010/08/25) 新井サチ
BL界でそのテンションの高さは3本の指に入るであろう新井さん(笑
この作品、一巻で終わったものと思っていたら、事実一度は終わっていたらしい。
内容はともかく、蕾はまだしも、茎とか球根とか芽とか種とか、恥ずかしいんじゃー(爆)


スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション) スノーブロッサム (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2010/08/24) 日高あすま
初読み作家さん、にしてはデジャブな印象。 山奥の全寮制学校で、部屋には装飾性のある家具。
ひとりは優等生、かたや留年中の札付き。 なんだかアレな感じ。 アレって何だ?(笑)
ママさん作家さんだとか。その強みを生かした作品を描いてみてはどうだろう?


スポンサーサイト
拍手する

[edit]

***
***

page top

新井サチ『ギリギリな僕ら』 

2008/08/11
Mon. 22:53

comic > Sachi Arai 2008

ひたすら! ハイテンション
ちょっと? 熱苦しい
ギャグ?! がこてこて
少年漫画テイスト!!

これらに拒否反応がなければ、大丈夫(笑)
ちなみに私は少年漫画は特にひいきしてないけども。

プロサッカー選手 × スタイリスト助手

後ろのケダモノの脇キャラの使い回し(笑)なんだけど
幼馴染みでキーワードはライバル!!

長年の片思いが実るまでのやり取りで
特に変わったはなしではないんだけど
ただしそれは嬉々として受の童貞を喰らう攻(リバ)
が出てこなければね(爆)

想像だけすると非常に萌えるのに
でも実際は、色気がなくて(笑)
演出が悪かったのかキャラが違ったのか。
すごく勿体ない気がしたのだった・・・ε- (^、^;

T 185cmのオネエに
「ハードなプレイでアソコ切れちゃったでしょ?」
と言われるシチュに興味がある方は、まあ試しに(⌒o⌒;A
あ、期待しすぎて怒られると困るから、やっぱそれ無し(笑)

(^-^;
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

新井サチ「後ろのけだもの」 

2007/11/03
Sat. 20:19

一時期、高橋悠さんの漫画にとても期待してたんですが
結局、雑なところは直りませんでしたね。
最近の作品はお見掛けしないので分かりませんが?

新井サチさんの漫画を読んでちょっと似てるなあと思い出したのです。
裸エプロンのせいかもしれない( ̄▽ ̄;)
最初の数ページは目が、というか
脳が慣れるのにちょっと苦労しますが
リズムと勢い!があって、でも絵はきちんと描かれてるし
楽しい漫画でした。
新也美樹さんにはちょっとついていけない私ですが
こちらは大丈夫です(^-^;
カオルンの色気が、実は好みだったりする(/-\*)・・・

最初に口絵を見た時に、ちょっと気が遠くなりかけましたけど
今となっては過去の話と云うことで(笑)
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。