FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

辻桐葉『恋日和』 

2009/10/21
Wed. 19:24

bl novel > Tsuji KIRIHA 2009 / It is ideal day for love


保育園で保父として働く弘人。
そこに中途入園してきたのがレオ。
内向的なレオの父親 五代は、実業家で典型的な仕事人間。
しかも傲慢で横暴で自己中心的で
金に物をいわせ、人を意のままにしようとする。

そんな五代に、弘人がゲイであることがバレてしまう。
もちろん五代は、人の弱みの使い方は誰よりも心得ている。
そうして五代とレオと弘人の期間限定の同居が始まるのだった。


弘人はお人好しで優しくて、保父として毎日頑張っていて。
五代はワーカホリックで、歪んではいるが父性もあって。
レオくんは、お尻がぷりぷりした(笑)可愛い子供で。

誰もが憎めないキャラばかり
で、なんかそれだけなんだなあ・・・
最後まで3人だけで完結してるかんじ。
だからかな、素直に良かったね?で終われなかった。

五代が息子を強引に繰り上げ入園させたり
スポーツカーで毎朝レオと弘人を一緒に園に送り届けたり
それでいて周りから歓迎ムードって、なんか現実味がないような。

例えばそれによって、レオくんが他の園児から苛められたり
弘人が父兄や同僚から白い目でみられたり
そんなこと考え過ぎなのかな。
色男はそれすら黙らせるのか?

そういう第三者の視点がすっぱり切られていて、いっそ清々しいくらい(笑)
最後の最後、五代の金に糸目をつけないやり手ぶりには
昨今の不況の影も感じさせないし
将来だれが園長に、と考えると生々しいというか何というか(笑)

いや、私の考え過ぎだよ!そんなもんだよ!・・・たぶん(^-^;
弘人の健気ぶりは、本当に可愛いく切なく書けているので
それだけに勿体ないなって、期待の裏返しってことで。
実はこれが桐葉さんの初読みなんだけどね(笑)
拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2018-08