FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

:cvii 

2012/03/12
Mon. 00:08

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよetc.・・・的マトメ記事


リミッター (花音コミックス) リミッター (花音コミックス)(2012/02/28)モンデンアキコ
ある殺人事件、その解決にまつわる事実を知るのは犯人とふたりの刑事だけ。
本庁へ戻った八木は数年後、所轄から移動になった雨宮と再会するが。

表題作は、限りなく本格刑事モノっぽい雰囲気を出しつつ、かつBLっぽい味もありの
要するにどっち付かずの気もするが、でも無理やり融合させようとすると結局
嘘っぽさだけが引き立つのかも。その際ぎりぎりまで引っ張ってくれた結果かもしれない。
でもこのカプ、最初はピンとこなかったけれど、後からジワジワきたりして(*´σー`)エヘ

改めて思うけど、作家はBLが好きなのかな、単にチャレンジャーなのかね?
筋肉フェチなのは確かだろうけど?(笑)


既刊の続編の若頭×組長のリバものは楽しいっちゃ楽しいが、やっぱイヤなのね下が(爆)



イベリコ豚と恋と椿。 (GUSH COMICS) イベリコ豚と恋と椿。 (GUSH COMICS)(2012/02/10)SHOOWA
見た目はヤサグレた高校生集団、実はゴミの分別に使命を燃やす超硬派男衆!

という、わりとぶっ飛んだ軽い内容で 、実は何を隠そう私はこの人気作家が
ダークサイドな複雑さ?ゆえに苦手(´∀`*)>だったのだが
初めて楽しい思った。 つか白黒はっきりしたエッチ度高めだからという私の単純さよ。

とはいえ、高校生にして既に人生をやり直そうとしているとか
タダモノのじゃないキャラたち、どうしても普通の男の子だけじゃ物足りないようだ(笑)







スポンサーサイト



拍手する

[edit]

***
***

page top

モンデンアキコ『1円の男』 

2010/06/12
Sat. 22:00

bl comic > Akiko MONDEN 2010 / man of 1 yen


1円の男 (花音コミックス)1円の男 (花音コミックス)
(2010/05/29) モンデンアキコ


事務所に戻った私立探偵の三条を待っていたのは
無愛想で不遜な、エリートを絵に描いたような男 政木。 
この新しいクライアントが依頼したのは
1500万を持って行方をくらませた男の捜索。三条は
この案件を追ううちに、政木本人への興味を覚えて・・・





金融機関で預金の運用を任されるエリート 政木。
なのに彼は、自分から金をとったら何も残らないと思っている。
彼から自信を、その自尊心を奪ったのは、母親のからの否定。
ゲイである自分は母親に認められない、故に愛される価値がないと。
そんな彼にとって、今では金こそが愛情の計りだった。

三条は政木の、そんな不器用さに惹かれていき
政木のほうも、その愛の見返りに金を出すというのだが
当然金は要らないとなる。そこで政木の頑固さに折れて
三条が提示した金額、それが一円。

これまでにも金は要らないと拒んだのは、三条よりも先に
何人もいると思うのだが、彼らと三条の違いは何だ?
政木の内面に踏み込み、かつ全てを受け入れるその包容力か?
ノンケでありながらも優しく情熱的な真っすぐさ、しぶとさで
政木の劣等感を払拭してくれたからなのか。

そういえば三条が探偵になった経緯というか過去って何だろう?
と思ったら、さっき気がついた。帯に書いてある。
元警察庁キャリアってか。そりゃねえよな?!!(笑)
いや、いかにも向いてないからこそ辞めたんか(^-^;A


感想としてはね、お、面白かった、と思う(笑)
でも、なんか明るいんだけど?(;´▽`A`` 
これが"モンデン"さん?!って、実はちょっと驚いて引いたんだよね。

この前の「女衒夜話」みたいな作品が陰とするなら
今回どっちかというと陽なんだもん。眩しくて(^-^;ちょっと恥ずかしかった…

とはいえ最後に 組の若頭 × 跡目という ご褒美があったわけで!!(笑)
ボン(跡目)に「好きにしろ」て言われたら、もう獣になるしかないやね!!

(;゚∀゚)=3ハァハァ < -- ちょっとメーター振り切れたちゃった。


ともあれモンデンさんは、BLであろうとなかろうと
すばらしい漫画家のひとりであると証明してみせたし
作風も決して偏る事なく何でも描けるという実力を示してみせた。

私の好むような渋めの作品だって
明るくて楽しい作品をバランスよく読めてこそ、だろう。
ただ今回いきなりそう来るか?って感じでビックリしたんだよね(笑)
私が知らないだけで、どれも"もんでん"さんであり、"モンデン"さんなのだろう。


今回の初BL単行本は、まだアイドリングってゆうとこかな?
エンジンあったまったらどんな世界で魅せてくれるか楽しみだね!



関係ないけど
もんでんさんのご主人はデジタル処理担当なのだとか。
へ、へえ?(^-^;)> 



拍手する

[edit]

***
***

page top

もんでんあきこ『女衒夜話』 

2010/03/26
Fri. 07:44

女衒夜話 (クイーンズコミックス)
comic > Akiko MONDEN 2009 / zegen-yawa


終戦直後、男がふたり
どちらも混沌とした時代の闇社会 その末端で生きている。

女を仕込み、金と権力をもった男に売る キリオ。
連れ込み宿を兼ねたバーのマスターと殺し屋の顔をもつ 裕也。

ある日裕也が拾った女を、キリオが気に入り持ち帰ったことから
ふたりの運命は激しく絡み合い、確実に終息に向かって落ちて行く。



こ、これは!期待してなかったぶんもあり、歓喜に沸いてしまった(ひとりで)
ちょっと男色ネタがあるじゃん。しかもこれはちょっとかなり、ス・テ・キ♡

裕也は快楽殺人者でありながら、性的に不感であった。
あるとき制裁を受けていたキリオを初めて目にし、裕也は惹かれてしまう。
キリヤは傷が癒えるまで、ふたりで生活を共にするが
彼に助けられた恩義もあって、裕也に乞われるまま・・・

も、もういいですか(;゚∀゚)=3ハァハァ(笑)数話構成のうちの1本だけなんだけどね
これだけ、といえばこれだけなんだけど。裕也には最後まで目が離せないのよこれが!


しかし、なんで突然、もんでんさんかと言うと、ちょっと前に
ツイッターで本人が「BLコミック表紙作成なう(脚色有り)」とたまたま目にして
(雑誌掲載ぶんなのか単行本のなのか不明)

ほほう、格闘技漫画しか読んだことないけど、筋肉質的美麗男子描かせたら
トップ3入り間違いなし(ばーど内ランキング)の、もんでんさんが!
常日頃お見かけする度に、BLだったらなあと思うにつけ
でもやっぱりBLは先天性腐女子でないと難しいと思ってのだ。

で、ツイッターでは続きがあって「そろそろ女の子が描きたくてたまりません(〃)」
とあって、あああ?こりゃあフタを開けてみないとわからん!と思っていた矢先
この漫画を偶然見つけて、ぐ?んと期待感高まってしまった (o^ O^)シ彡☆バンバン

去年どこかのBL雑誌に掲載されたらしいと知った時も、ひとりではしゃいだ記憶が。
結局読んでないけどね、最近雑誌チェックしてないもんなあ (;´ー`)┌エヘ
いつか単行本で読めますように・・・


08865559.jpg


拍手する

[edit]

CM: 4
***

page top

2019-11