FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

ノスタルジック 3本立て 

2012/11/07
Wed. 22:36

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよetc.・・・的マトメ記事


郷愁を感じるとは云ってもさ、どの作品も、現代ものには違いないのね'`,、('∀`) '`,、


ハスネサイコロジー (HANAMARU COMICS PREMIUM) ハスネサイコロジー (HANAMARU COMICS PREMIUM)(2012/10/26)ARUKU
ぬいぐるみ作家として自立したものの、ハスネは相変わらず人付き合いが苦手で
コンプレックスの塊で、だから人気者の元同級生になんて会いたくなかったんだよ。

良くも悪くも普通のラブコメディ、ということが驚嘆に値するのはアルクさんだから(笑)
恋の格言?を効かせながら、人間の醜悪さを織り交ぜつつ
初めての恋に悩む主人公の不器用さ、ズルさや潔さに
作風の幅を広げても、やっぱりアルクさんらしさが滲み出ていてニンマリ♪


泣キ顔ミマン   (バンブーコミックス 麗人セレクション) 泣キ顔ミマン (バンブーコミックス 麗人セレクション)(2012/05/26)猫田リコ
野球部の先輩と、お互いに教師として再会したものの、当時からすれ違ってばかりで。

可愛らしい表紙に、実に数年ぶり!に手にとってみたよ。 リコさんの作品といえば
時代考証の不思議なセリフとかキモノとかエキセントリックな登場人物たち━━
だったのに、いや変わってないのかもしれないけど、これも洗練されたと云ふのでせうか?

いつのまにかコミックも10冊以上になっていたのね。 誰の真似でもない世界観を持った
作家さんの強み、あるいは弱みを乗り越えてきた逞しさを感じて、格好良いなって思う。


夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM) 夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM)(2012/10/26)羽生山へび子
今度好きな子ができたら、全力で守る。そう決めていたのに
現実は田舎育ちのガキで、貧乏で世間知らずの、どうせヤンキー・・・ されどヤンキーなのさ!!

昭和なんてほんのちょっっぴり前のこと、と思ってたら
もう平成になってから四半世紀になるんだわ~( ̄◇ ̄;)

そんなふうに、みんなの知ってる昔と、昔から変わらない今と
誰にとっても懐かしい場所とが交錯してできあがった世界の、ありふれたスナックが舞台。
泥臭い(笑)とこや、お笑いも悪くないけど、どシリアスもいつか読んでみたい!よね?!



スポンサーサイト
拍手する

[edit]

***
***

page top

:LXXXVI 

2011/06/15
Wed. 06:57

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよetc.・・・的マトメ記事


僕と彼女と先輩の話 (ウィングス・コミックス) 僕と彼女と先輩の話 (ウィングス・コミックス)(2011/05/25)トジツキハジメ
not BL
前作『僕と彼女と先生の話』からさかのぼって、先生が呪術にハマったきっかけの物語。
私はこういうボーダーというか[見たことないけど、ありそう]な話が”好きだから面白い。
でもそれってそのまんまBLにも言えるよなあ[会ったことないけど、どこかにいるだろう](笑)



キケンなお隣さん (Dariaコミックス) キケンなお隣さん (Dariaコミックス)(2010/07/22)七海
フリーエンジニア × お隣のご主人
はい、団地妻ならぬ団地夫(笑)なんていう展開じゃないんだけど、なまじ画がキレイなもんだから
レディコミで描いた作品を移植したといっても信じてしまいそう。 次回主役には
資産家ニートでイカすファッションセンスの片山氏に、ぜひ一矢報いさせてやって(爆)



野狐禅 (ドラコミックス) 野狐禅 (ドラコミックス)(2011/06/03)蛇龍どくろ
大学生サークル△関係
ヤコゼンと読むらしい。禅のまがいものという意味らしいけど、禅てもの自体がそもそも(笑)
人は見たいものしか見ない、特に恋に置いては。という物語みたいなんだけど~??
もうひとつの30P程度のシンプルな作品のほうが、よほど面白かった私である(笑)



虹色村のチロリ (バーズコミックス ルチルコレクション) 虹色村のチロリ (バーズコミックス ルチルコレクション)(2011/03/25)ARUKU
チロリとボブ(ミニ豚)とアキラ(幼馴染み)と村人と神様と
童話かと思えばサイファイ。ローカルかと思えばコズミック。
ARUKUさんらしい優しくて力強くて、しかもユーモアを交えた長編叙情詩。
虹色村に住みたい。土に還るならここがいい。



拍手する

[edit]

***
***

page top

ARUKU『画家と音楽家』 

2011/01/13
Thu. 20:45

bl comic > ARUKU 2010 / An artist and a musician


画家と音楽家 (ビーボーイコミックス)画家と音楽家 (ビーボーイコミックス)
(2011/01/08)ARUKU
消えた音を探す音楽家と、売れない画を描き続ける画家が出会う。


アルクさんの作品は、決して楽しいだけではない。
自分の価値観に疑問を投げかけるからだ。


自分が持っているもの、欲しいもの、執着しているもの
それらが急に色を無くしたり

当たり前のこと、与えられて当然と思っているものへ
感謝していないことを恥じたり。


お金があっても手に入らないもの

お金が無くて、失うもの

それらは目に見えたり、形がなかったり
本人さえ気がついてなかったり、忘れてしまっていたり

それでも願いつづけ叶えることは奇跡かもしれない。
だけどもし、ひとりじゃ出来なくても、ふたりだったら?


そこに奇跡が起こっても、起こらなくても
私たちは受け入れられる。  それがARUKUさんだから。




でもアルクさんて、どんな人物なんだろうな。
たぶんたくさん持ってるのかも、見えないもの。
だから描くのかもしれないな。


拍手する

[edit]

***
***

page top

遙々アルク『極東追憶博物館』 

2009/12/07
Mon. 21:31

bl comic > Aruku HARUBARU 2009 /
Far East recollection Museum

 

生まれ育った街から、ずっとずっと北の
冬の寒さの厳しい、ひなびた小さな町。
僕はここでは孤独な異邦人。
つつましくひっそりと、ただ生きていく。

いつも閑散とした町の博物館。
切符売り場の窓口係は、そんな僕にぴったり。
まさか、僕の手に恋する男性が現れるとは思わなかったから。

僕をオトコだと知ったら、きっと彼は驚くだろう。
そして僕は嫌われてしまう。それでいい。
なのになぜ、こんなに苦しいのだろう。



このタイトルといい、作風といい
遙々さんは、作家の小川洋子さんを私は彷彿する。

時代や場所や国も曖昧な浮遊感と悲愴感があわさって
主人公 ヤスオはどこまでも素朴で美しく可憐な透明感に満ちて・・・

なのに!山場でヤスオが決死の覚悟でソレを振り下ろした時
・・・笑っちまったわたくし。ゴメンナサイ(⌒?⌒;A
自分で台無しに! い、イイはなしだよね!(笑)

他短編6本!!

●営業マン × Nさん
Nさんは、ほんの少しだけ遅滞ぎみなのかなあ??
でなければなんとなく、腑に落ちない終わり方。

●広告マン × 人魚
捕食ー被食関係という、ちょとホラーっぽいファンタジー。
尾びれはどうしたんだろう。アレで飛べるのか?
読めば読む程に疑問が増えると言う( ̄▽ ̄;)
ここは物事を深く考えないようにした主人公が正しい(笑)

●広告マン × 俳人
現代ものとして、ちゃんと今ふうで(笑)面白かった。
俳句教室が修了するまでに落せるのかのう。
ダメなら補習してもらえ!


競馬記者と、シャツ職人の各々の続きが読みたいな。
BLって御伽噺だけど、僕たち幸せになりますって
ピリオド売ってもらうと安心するからさ(^-^)
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

遙々アルク『猿喰山疑獄事件』 

2009/07/15
Wed. 01:02

bl comic > Aruku HARUBARU 2009 / sarukuiyama gigoku jiken


企業グループの代表 若き皇帝 義彦
流しの庭師に扮する詐欺師 洋介

荒涼とした屋敷の庭は、独りの男が抱える虚空そのもの
そこに薔薇を咲かせろと命じる言葉は
人を信じさせてみせろという暗喩

しかし男は、最後まで愛しぬくことをためらい
相手も愛されることを拒んだ



これには三人の詐欺師が出てくる。
それぞれの末路は、因果でいうならば
その生き方を選んだ時点で決まっていた。
人を騙すということで背負うカルマ・・・

だから、一度義彦と洋介とを隔てた時間は
決して無駄ではなく、ひとつの償い
浄化だったとはいえないか。

と、ちょっと穿った見方をしてみたりして(笑)


にしても猿喰山って、このセンスが好きだ。
このユーモラスな響きが
現代の寓話めいた物語を引き立てているような。
それともただ、心に沁み入るような愛の物語。


日頃、どんだけエロいだのスケベだのデカイだの
なんて品格のない管理人だと自負しとりやすが
そんな私でも感じられるのだ。

アルクさんの繊細さは突き抜けている。
それはもう絶対なのだ。

拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

遙々アルク「ビター×スイート」 

2007/11/15
Thu. 18:16

またしてもすごい新星がでました(笑)
はるばるアルクさんです。

まず驚きます。そのモノローグの多さ。
でも読み進むと、文字を追うことが快感になってきたりして( ̄▽ ̄;)

はじめは暗い自虐系の卑屈な青年のありがちな話かと思って
実際そうなんだけど、なんだかウケるんですよ。
九州男児さんほどじゃあないけど(笑)
2話くらい進むと確信できました。この本は、当たりだって。

だけど予想できませんでした。本の最後のほうで
まさか泣かされるとは!
ファンタジーとしてのBLの、対極のようなお話だと思いました。
やられました。アルクさん天才かも。恐るべし・・・
拍手する

[edit]

CM: 9
TB: 0

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。