FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

夕映月子『天国に手が届く』 

2011/03/21
Mon. 22:54

bl novel > Tsukiko YUE 2010 / My handle can reach heaven


天国に手が届く (ディアプラス文庫)天国に手が届く (ディアプラス文庫)
(2010/12/09)夕映月子
山に魅せられた男と男を、運命が引き合わせた。



地上では口にできない言葉も、思いの丈も、熱い涙も
標高三千メートルという神々に近い場所では、互いに隠すことはできない。

ここでは山はただの舞台ではなく、山と二人の男たちの物語といっていいだろう。
山の存在感なくして、彼らの絆は決して描けないのだから。


そのある種閉鎖した、もしくは完結した男たちの世界は完璧で
そこに至るまでの葛藤がまた楽しいんだけどね。
難しいながらも作品として非常に面白く仕上げてくれた。その一方で
余りにも密にして強い絆で結びついた彼らに、私は少しばかり疎外感を覚える。

ま、それは副作用とも言うべきか
要するに妬みたいくらい熱いカップルということよね?(笑)
しかも特に山男は、聖職者のように美しい(当社比)


この作品の男たちは、山男ゆえなのか? その強い肉体の反面
繊細で感受性が強く、命を預けあうために弱さを認め、互いに心を明け渡す。
その読んでいて端から見た気恥ずかしさ、女々しさが
かえって男らしく、それこそ現実的な男性像に近い気がした。

初読み作家さんで、最初は少し読みづらかったけれど
こんどは地上の男を読んでみたい。



スポンサーサイト
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。