FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

広川和穂『必然の神様』 

2009/03/01
Sun. 00:25

comic > Kazuho HIROKAWA 2009 / God of the necessity


前作か、その前か?そして今回も。
またアパレルの男性なんだあ。
よっぽど好きなんだなあ・・・

しかしヤクザものが得意な作家さんもいると思えば
これもまた、ひとつのジャンル
ってことは、ないない!多分(笑)

それにしても、おしゃれでセンス良く
初恋の男性に操を誓う乙女な主人公は
360℃どっからみても死角なしの
オカマちゃん
ちがう?!(T-T)

ははは(空笑)別に悪くはないけど
オネエにしては半端だしなあ。
もっと強烈に個性を強調したら
いっそ突き抜けて面白かったかも?


他のデザイナーの卵のはなしと
図書室のはなしは
それぞれまあ楽しかったけどね。

受の線が細くなりすぎないようにしてくれたら
きっと面白いかも、多分(笑)

(^-^;A
スポンサーサイト



拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

広川和穂『明日、雨は降らない』 

2008/01/29
Tue. 19:15

Kazuho Hirokawa 2008

BLなのにノンケっぽい?おしゃれな雰囲気が好きな作家さんですが
なにやら今回王道もの描いてきました。
タチの悪い両刀男に惚れる純情強情健気受です。

話の展開は分かりきってるので、この時ばかりは
にわか"関西人のおかん"になりきって
主人公にツッコミまくりです(笑)
「こんな男に惚れたらあかんがな! etc.etc...」

でも私の代わりにバイト先の店長であるおネエ(H188cm)が
きちんと同じこと言ってくれるのでスッキリしたりします。

そして当て馬は元ボクサー今ギャルソンでマネージャーの背年。
最初から最後まで超クール。理性的すぎて据え膳残しちゃうし(笑)
結局おいしいとこなしですが、一番オットコ前でした。

そんな脇のおネエキャラと当て馬イケメンが
むしろいちばん close to my heart・・・(笑)

でしたが、かといって王道カップルが存在感がないと言う訳でなく
受はしっかり切なく、攻はきちんとろくでなしに描かれてあって
クライマックスは盛り上がりますが、感動のラストが

なんだか吉本新喜劇みたい

と思ったら、本当に作者が大阪人で笑えましたd(>_・ )グッ!
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-08