FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

***
***

page top

中原一也 2004  

2009/07/05
Sun. 00:14

bl novel > Kazuya NAKAHARA 2004


なんか日本縦断ツアーみたいなタイトル(笑)
たまたま手に取った積読本が2冊とも04年で
それならもう一冊、と考えるのは人情(?)

テンポ良く面白かったので
スイスイと3冊読んでしまった。やれば出来る!

「覗く瞳、濡れる心」
写真家 × クラブ経営者(28)

身ひとつで借金から始めて6年で三軒のクラブを経営って
どんなマジックだか知らんけれども
それも気にならないくらい実業家ぶりが様になってる。

ねちねち迫る偏執男と昔の男に挟まれて振り回されながら
悪あがきするのが楽しい一冊。

そういえば、お店の統制の取れたホステスたちに
昔再放送で観たTVドラマ「ぬかるみの女」を思い出した私(笑)


「フルスピードで恋をして」
自転車便メッセンジャー 後輩 × 先輩(22)

人のいい先輩が無愛想な後輩の世話係に。
俺様後輩が世話好きでまっすぐで明るい先輩にほだされて。
よくある身体からってやつだけど
信頼関係を築く過程は省いてないので、読後感良し。


「肩ガ触レルホド」
ボクシング部 後輩 × 先輩(21)

他校生とのケンカが原因で、失った片脚の機能。
先輩の側に一生いたいのに、責任感だけじゃ
周りも本人にも限界が。

忠犬後輩との主従関係をどう料理するかと思っていたら
スパイスは女だった(笑) 激しい(爆)
つーかバイクより、車買え、四輪!


総括(笑)
2004ていったら5年前か
既に作家としてアブラがのってる感がある(笑)
でもたまたま?全員もれなく20代。
今書いたなら、確実に30代だよね?(笑)


まだまだ中原本あるんです・・・ε=( ̄× ̄;A 
スポンサーサイト
拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

中原一也『愛しているにもほどがある』 

2009/05/03
Sun. 23:03

bl nobel > Kazuya NAKAHARA 2009 /
It is too much of loving it



前作『愛してないと云ってくれ (2006)』が積ん読状態で。
二作目が出たのを機に一気読み、これでひとつ片付いた!
と思ったら、どうもシリーズものに突入したような・・・?


労働者街にいきなり住み着いた若き開業医 坂下(29)。
荒くれ者が多い界隈で、それでも徐々に信頼を得てきた。
その過程で坂下の支えになったのは
班目という男に他ならないと言えるだろう。
男は力強く、官能的で、そしてミステリアスでもあった。



エロは濃い!(笑)
坂下の甘ちゃんぶりにかなり辟易するけど(爆)
出てくる奴ら、どいつもこいつもフェロモン垂れ流し?で
軽くお読みになる分にはまったく構わないと思う(笑)
ザ、エンターテイメント!

この班目という男がキモなのだが
実はかつてゴッドハンドという異名をとった伝説の外科医。
今では住所不定の日雇い労働者に身を落としているが
現状で満足しているらしい。

国家試験に合格して、仮にアメリカにでも渡ったとして
帰国して心臓外科のスターになって
天狗になって嫌気がさして?退職して
労働者のリーダー格にまでなるのに、いったい何年?

あくまで推測だけど、この経歴で歳が30半ばて・・・
(  ̄ノ∇ ̄) テキトーすぎ?(ヒソ)
あ、編集側の意向?(笑)

それに日雇いといっても、実際何してんだかなと思ったり。
そしてたぶん、班目はドクターとして復職すると思う。
いや、して欲しい。 いやすべき。 戻れ! (命令?)


班目という男が好きだから言うけど
なんか本質が見えない。
作家さんは意図してはぐらかしているのか
これ以上考えてないのか(笑)
これから小出しにするのかな?
私、見落とした?<(; ^ ー^)

でもシリーズにならなかったらこのまま終わり・・・(-д-)
もう一歩でも深く掘り下げてくれたら
楽しいだけじゃなく、もっと面白くなると思う。
敢えてそうしないところが中原さん流なのかなあ。


(^-^) 次のマグロ漁船て、双葉ちゃんが主役??
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

中原一也『水底に揺れる恋』 

2009/01/29
Thu. 22:53

novel > Kazuya NAKAHARA 2009 /
a love that float in the deep blue


海に面したのどかな田舎町。
そこで生まれ育った4人の少年たち。

ほんの小さなスレ違いからわだかまりを残したまま
高田はひとり、東京へと進学。
あれから10年、再会した彼らは大人になっていたのか?

いんや、大人になってないから(笑)
でも男の子が男同士でしかも幼馴染みなら
きっと死ぬまでお互い少年のまま、そんな気がする。


漁師 × 警官

海の男!! もちろんこれだけでご飯3杯だけど
この作品のミソは、< おまわりさん > にあり。
あくまで個人的に、だけど。
刑事でなく、制服警官。

キタ!(☆∀☆)
中原さんらしい、ゴツいカプが面白かったよ。


この高田巡査?は圧倒的な雄である志堂と己を比較し
対照的な自分を< 女 >と位置して、それが故に
ジタバタ (((o(>Δ<; )( ;>Δ<)o))) ジタバタ すんだけど
志堂はそんなふうに、ひと欠片も思っちゃいない。

そのまどろっこしいことといったら
海辺にたたずむ高田に後ろから肩を叩いて
「あんま、気にすんなよ d(>_・ )」
って云ってやりたかった(笑)

(*^o^*)できれば番外編で勤務中にプレイを・・・ダメ?
拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

中原一也『愛は憎しみに背いて』 

2008/07/17
Thu. 10:02

novel > Kazuya Nakahara 2008

蘇芳さん
十年目あんたが俺にしたこと覚えてるよね。
俺を騙し、俺を裏切って、俺を捨てた。
あんたが憎い。
あんたを許さない、絶対許さない。


悲しいかな、BLてのは
どんなに極悪人に書かれていようとも
そんなわけ、ないよね???
などと素直に受け取れないもの。

だってハッピーエンドを前提に読んでる
不思議なフィクションなんだもの。
それを踏まえて本当は読むものなんだけど!

医療裁判とゆうのも、どこまで踏み込んで書くのかとか?
こっちがちょっとたじたじ・・・
だから前半は、どこまで真剣に読んでいいやら(笑)

Dr.蘇芳の設定も、かつてピアスしていた軟派な剣豪
そういうのも、現実にはいるかもしれないけど・・・

弁護士と医者として再会するふたり
案の定?誤解は解けて
後半はそれでもだいぶ盛り返した、かな?

蘇芳が受けに襲われて、たじたじになってるとこは
面白かったけどね。
でも襲い受のくせに女を抱けるとは、ありえねえ(爆)
ひとの二倍楽しんでるよなあ??(^-^;

( ̄~ ̄;)
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

中原一也『野良猫とカサブランカ』 

2008/05/29
Thu. 17:26

novel > Kazuya Nakahara 2008

カサブランカ・・・蘭? いや百合だよ百合
ってよく見りゃ表紙に溢れんばかりじゃん。
朴念仁だよオイラはどうせ、山辺以下だよ(T_T)
以下ネタばれ感ありでござる、申し訳ござらん <(_ _)>

この山辺って男、不能で少年性愛者でサディスト
宦官みたいな欲望のギラギラした奴でマル暴との癒着もあり。

この男が連続少年暴行殺人犯として浮かんだ訳は
被害者から採取されたカサブランカの花粉。
なぜなら山辺がプレイするときは
カサブランカで部屋を満たすのが常だったから。
そのことを知るのは、2年ものあいだ愛人をつとめた律だからこそ。

6年もの歳月を経てなお、山下の律に対する執着は
むしろ強くなっており、その魔の手が再び律に襲いかからんとして・・・

あ!Σ( ̄□ ̄;) これBLなんで一応
山辺クンは主役じゃありません、えへへ m(_ _)m
それと、ちっともイケてないおっさんです。
彼が変態じゃなくてサイコなら
また違う萌えがあったろうに、惜しいです。

あのさ、被疑者があがっててターゲットも分かってんなら
張り付けよなああ!律に。 囮にしろとまでは言いませんが(T-T)

無理!無理ですよ中原さん、なんか流れが?
えーと主人公の律にひとりで闘ってもらいたいのですね?
そして律を愛する男・須田には、ぜひとも単身救出して
ヒーローになってもらわねば、という格好ですね?

NO GOOD!!

最後デパートで恥ずかしそうに買い物する須田を
想像するとちょっと萎えな私は、やっぱり朴念仁でした<(>o<)>

6(⌒?⌒ι)
拍手する

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

中原一也『愛とバクダン』1-3 

2008/05/26
Mon. 19:06

novel > Kazuya Nakahara 2004 - 2008

ドラマ「the OC」
season 1 で終わってればよかったのに・・・∫(TOT)∫


誰も信じない
誰にも心を開かない
誰も迂闊に近づけない
謙二朗はまるで手負いの獣

そんな彼を手なずけたのが探偵・竜崎
BL界のナウシカが、まさかあんたやったとは?!
いや、ホントに咬まれてるしね(爆)

そんで、バクダンはいつ出てくるのって思うのが人情やろ?!
出てきません(T-T) 敢えて言うなら謙二郎でしょうか?

で、このナウシカもどき
実はデフォルト無精髭 + くわえ煙草の
3メートル先から臭いそうな(爆)おっさんです。
しかも意地悪でスケベで、たぶんエスで
かつては節操なしの、どうしようもない不良おやじ。

>たぶんエス
だって謙次郎に対しては発揮されてない、全部伝聞 ( ̄д ̄) エー

このおっさんが、ラストアクションヒーローってゆうか
頑張り過ぎ ( ̄▽ ̄;) いいえ、エチだけじゃなくてですね。
ぼこぼこに殴って殴られるのはBL業界でも上位だし。

90年代のミステリにはこんな探偵がいっぱいいたなーみたいな(笑)
くさった刑事の成れの果てのしょぼいただのおっさんでも良かったのに
読んでてそこだけは辛かったっす(笑)

それ以外はおっさんの< ひな鳥飼育日記 >みたいでほのぼのとして
でもゲージを出て飛び立つ成鳥を見上げる姿は切ねーといいますか。
いえ、戻ってきますけどね(^-^)

7年めのふたりが番外編でちらと登場するのですが
同居してないみたいなのですね。
それって意外でいて、らしいというか。
一緒に暮らして楽しいのは、きっとおっさんだけです(笑)

(⌒-⌒)
拍手する

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

中原一也『KYOUHAN/真夜中の純情』 

2008/05/13
Tue. 08:34

novel > Kazuya Nakahara 2002 / 2006

わたしがこの作品を読みだしてしばらく
あれ、いつ刑事が出てくるの?
と思ったとしても誰も責めまい、よね?

それでもって冒頭のシーンで、年下攻かあ・・・
と思ったとしても以下同文(笑) パーンチ G=(^。^G)

あっちこっちで突っ込んでるであろう声が耳に痛いわ?
エヘ(^ρ^;)\(″″) オイオイ..

そう、これはれっきとしたオフィスラブなりよ!!
いや、むしろ大好物には違いないので歓迎ですが。
タイトル紛らわしいっちゅーねん!?

男盛りの切れるセクスィー営業課長 × 若手ナンバーワン部下

タラシもタラシ、この節操なしのオヤジ(36)が
初心で真面目で不器用な青年をたぶらかします。

しかも、会社だろうと繁華街だろうと盛る盛る(爆)
まあ、激務の合間のわずかな逢瀬、なので大目にみますが?

あまりにも大胆なので、そりゃトラブルも呼ぶわね(゜-゜)(。_。)ウン

バクダンシリーズより先にそろったので読みましたが
噂に違わず面白かったよ! 助平オヤジに乾杯!! 
でもタバコはやめようね。

(*^o^*)v
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

中原一也『ハチミツの王様』 

2008/04/21
Mon. 18:16

novel > Kazuya Nakahara 2004

「幸福の黄色いハンカチ」!! あれは網走か?じゃあ
「トラック野郎」!!
ははは、どれも違うだろっっ (~。~;)~ ほえ?

駆け出しの養蜂家は元長距離トラック運転手。
夢は花の開花を追いかけて、全国を蜂と共に旅をすること。
着実に努力と準備を重ねてきて、いよいよその時がやって来た。
そこへ地元で喫茶店を営む男がハチミツを買いたいとやってくる・・・

このおっさん、ワッフルにハチミツをかけたいといったら
「なんだそりゃあ」って、じゃあ、何の為に作ってるんですか(笑)

すんごい無骨でデリカシーにほど遠いおっさんなので
そんな人に遠距離恋愛は無理って思うんですが。
案の定、旅の半年間、恋人に電話一本寄越さないという筋金入りです。

男くさくて、無愛想で、年中長靴はいてそうな、こんなおっさんが
また、たまらん!と思う自分が好きだったりして(*^o^*)

受が負けん気の強い、甘え下手なので
なかなか前途多難な恋ですが、きっと大事に育てていくことでしょう。

ただ、できればおっさんの意外な十字架を
後半でも絡めて欲しかったかなと思います。

good (^^)b

そうだ、「幸福の黄色いハンカチ」がアメリカでリメイクだって?
それも、しかも、あのウィリアム・ハートだよ。
た、たまらん(V^?°)イエイ!

拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

中原一也『罪喰い』 

2008/03/23
Sun. 19:28

Kazuya Nakahara 2007

今さらなのですが、中原さんてどっちですか?

名前だけなら男性ですが
あくまでペンネームかもしれません。

文体もなんとなく男性ぽいです。
「女みたい」ってことばが、何度も出てくるからです。
ふ?ん?( ̄? ̄;)??

偶然ですが、最近兄弟ものが集中してます。
なので、免疫ができたのか、すんなり読んでる自分が怖いです。

書道家の末弟(受)は、全幅の信頼を寄せている長兄が
自分の婚約者に関して忠告しているのに
全く聞く耳を持ちません。
これがまた、ちょっちイラつくのですが(笑)

おかげで最後はスキャンダラス!
まんま昼メロ!
そ、そんな大ゴトな!Σ( ̄□ ̄|||)
と、読んでいて私がビビってます(笑)

こんな私の中原さんデビューでしたが
やっぱり実兄弟ものは難しいわ!
という結論に達しました(^_^;)

また別の作品で挑戦したいです。
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。