FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

六青みつみ『寄せては返す波のように』 

2009/06/08
Mon. 13:48

bl novel > Mitsumi ROKUSEI 2009 /
over and over again



ちょうど最近観た「ボストンリーガル」というドラマ。
エイズが自然治癒したという男性が
己の血液の所有権を巡って裁判するというもの。

血液は政府がDNAを特許登録しているために
今では本人も民間企業も手が出せないが故なのだが
役人曰く、研究成果を世界的な規模で普及させたい
と珍しく?良心的な主張。

原告の血液の持ち主であった男性が主張するには
製薬会社に売って巨額の報酬が欲しいので返せと。
結果、研究費が嵩んで薬の価格が高騰しようと知ったことではないと。
私がエイズだった時、みんなに冷たくされたから当然だと。


この物語の本編にあたる「蒼い海に秘めた恋」の主人公ショアが
まさにこの利己的な男性のような特異な体質を持っており
それ故に幼少期から孤独で悲惨な体験を研究所で送るのだった。

その時のショアの研究チームで彼の身も心も掌握していたのがエリィ。
研究成果の多大なる人類への貢献で所長にまで昇りつめるが
ショアが逃亡し、二度と戻ってこないと分かって初めて
彼を愛していることに気がつく。


そして番外編の今回は簡単にいっちゃうと
エリィのセンチメンタル・ギヴミー・ワンモアチャンス編。

相手は21歳年下!の、ショアと面差しの似た少年ルース(17)。
彼もまた幸せとは言い難い境遇だったが
それを受け入れ懸命に生きている。
可愛くてしょうがないもんだから、おっさん、頑張る頑張る(笑)

エリィの後悔とやるせなさ、ルースの苦しみと切なさ
ショアとの出会い、そして事件。

エリィが最初と最後で人が変わったようになって(笑)
ハッピーエンドで良かったんだけど
ちょっといろいろ盛り込み過ぎのような。
よくできてるストーリーなんだけど。

ぶっちゃけ話が長かったわ!
それともSFだからそう感じるのか。
ディレクターズカット希望(笑)


(^-^) 秘書のノイエ、なぜそんなに完璧なの(笑)
スポンサーサイト



拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

六青みつみ『蒼い海に秘めた恋』 

2008/06/10
Tue. 20:06

novel > Mitsumi Rokusei 2005

蛍を見に行こうとデジカメを充電したのに
雨でキャンセルです(T-T)


グレイ
君を初めてみたのは記録盤を映したモニタのなか
蒼い瞳がきらきらして生命力に溢れていた
君から放たれる黄金色の微粒子は
白くて冷たいこの部屋にいる僕のもとまで届き
そして僕の心に降り積もった
例え何があっても何をされても
僕は貴方を愛してる・・・



作家さんを開拓しようと、今回
定評のある六青さんが標的です(笑)

難解な単語がでてくるわけでなく
しゃべる獣がでてくるわけでもなく
人は決して空を飛ぶこともない

ファンタジーがどうのと文句いえるほど
読んだことがないのですが
これは世界観に全く拒否反応がでません ^ー^)b
これに限っては、もうエスエフと読んでもいい感じです。

不幸にも人類の未来の明暗を分ける鍵となった主人公ショアが
運命と闘おうとする姿は、健気で愛おしく感じました。

ショアはグレイ一筋なのですが、そのグレイ本人の魅力が
とても全開とはいえないのが、強いて残念でしたが
それでも魅力的なはなしで、面白かったです!

(⌒-⌒)
拍手する

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2019-11