FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

水原とほる『小夜時雨の宿』 

2008/04/02
Wed. 17:55

novel > Tohlu Mizuhara 2008

島耕作さんがついに社長に
・・・おめでとうございます m(_ _)m
や、読んだことないけどね(笑)


あいたたた・・・そうだった水原さんは
そういう作家さんだった。
さっそくふたりの最初の夜に思い出しました。
もー痛いのが好きなんだから(笑)

寡夫と義弟との禁忌って書くと実際よりいやらしいなあ。

高校教師である主人公(受)は
自分に降り掛かっている事態が飲み込めません。
何故?どうして?理由は?

知らぬは本人ばかりなりってね。
まさか死んだ元恋人の弟が自分を好きだなんて
想像もできないのは謙虚だからか鈍感なのか。

弟は亡き恋人を偲んで苦しむ主人公に
もっと繊細なアプローチをすることも可能なのに
あえて荒っぽいのが水原流ですね。
それだけ彼は若くて真剣な証し、としましょうか。

関連記事
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-09