FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

一穂ミチ『オールトの雲』 

2009/03/18
Wed. 08:59

novel > Michi ICHIHO 2009 / oolt cloud


う・・・ダメじゃったよ。
なんでじゃあ<(ToT)>
なんだって私と相性が悪いんじゃあ!

2冊目にしてその実力を証明し
人気を確固たるものとした感のある一穂さん。
今度こそはと臨んだものの、やっぱりダメであった...orz

作品が嫌いだと言ってる訳ではない。
ただ、みんなと感動を共有してるとは言い難い。

思えば店頭で、帯の推薦文を読んだ時から予感はあった。
志水せんせって、ほにゃららら♪(笑)
馴染みがないんだよう。


すごくストレートなはなしだと思うんだ。
お互いのことが好きで
相手の幸せが一番で
優しくて聡明で自制心があって努力家で
自分が無力な子供だという自覚があって。

そこまでゆうと、ぶっちゃけ可愛くない?
子供らしくないとも言える(笑)
そのせいかなあ?

場面場面では
胸が詰まるような思いをさせられはするけど
それがひとつの感動に向かって集約されない。

期待したからこそ残念であって
でなければ、普通に良い作品といえるかもしれないけどね。


(´・`) 乙女、もういないのかも
関連記事
拍手する

[edit]

CM: 7
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

そうか、アカンかったかあ。残念。
でもばーどくんの言ってること、なんとなくわかるのよ。
確かにこの一穂先生の書く世界は、ちょっと誌的世界というか乙女ワールドに激しく片寄っている傾向はある気がするよ。マスターベーション的というか、かなり自分の好きな表現や部分だけを極限まで掘り下げてる。だからそれを敏感に感じ取る人には不快になるし、面白いとも思えないのかも。だって他人のオ○ニーなんか見て感動できる人なんていないでしょ?(笑。
でも多分私みたいにこの一穂さんのマスターベーションをして感じる場所が、共有というか同じ人がきっと多いんだろうな。疑似体験というか、そう、そこが気持ちいいんだよ!みたいな(笑。
なんだか下世話な例えになったけど、結局は萌ってそんなもんだよねー。
私は思いっきり「そこが気持ちいいのよ~」と絶叫した方だけどね~(爆笑。

森 #KKCKsE6M | URL | 2009/03/18 12:01 * edit *

>森っち

森っちの解析すごい面白いね!
コメントじゃもったいないよ~(笑)

>ちょっと誌的世界というか乙女ワールド
なるほど、ちょっと理想が過ぎたような気もしたけど、そういうことかな?

>敏感に感じ取る人には不快になるし
うう、自分がよほど鈍感だからだと思ってたけど(⌒~⌒;A
でもこの、共有の圧倒的多数というのはやっぱりすごいねえ。
自慰的な自己陶酔だけでないテクニックもお持ちなのかな?
私には難しかったけど(笑)
コメントありがちょ~

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/03/18 21:22 * edit *

はじめまして

はじめて書き込みさせて頂きます。
私はBL歴は六年くらい…でも青春は遙か向こう、の年齢です(涙)。
前作、一穂さんの文章のあまりのキラキラした感性に酔ってしまい、「これほど間接描写で気持ちを表現するのが上手い作家さんに初めて出会った!」と思いつつも、お話そのものは正直あまりいいとは思えませんでした(攻に魅力がなかったし)。ですからその時点での私の評価は「文章は上手いけどストーリーはイマイチな作家さん」と。
そして再チャレンジの二作目…。今回、やっぱり確かに文章は上手いのだけれど(普通の小説読みの)、あまりにもってまわった独特の表現から風景描写を具体的に想像するのにさえ苦労したり、そしてお話そのものも何だかメルヘン過ぎて、「二人が純粋なのは分かる!でも何だか架空の世界過ぎません?」みたいな感じで、全く感情移入ができず、世界観について行けませんでした。ですから「感動」の欠片などあるはずもなく、やっぱり「お話はイマイチの作家さんだな」と。
けれどどの書評でも絶賛されていたので、それほどのよさが分からないなんて、「ああ、私にはもともとBLを読むスキルがないのか、それともこんな初々しい世界に共感できないほど純粋な感性を失ってしまったのか…(トシのせいかスレてしまったかで)」との敗北感を味わいつつ、悲しい気持ちで探していて巡り会えたのが、ばーどさまのご意見でした。もちろん、森さまのご意見も目からウロコでした!!
お二方のご意見にとても励まされ、またこれからもBL読み続けていこう!との勇気をいただけました。本当にどうもありがとうございました。
これからも率直な書評を楽しみにしてますね!

yuzu #- | URL | 2009/03/19 19:50 * edit *

さっきの書き込みに追加させて下さい

すみません、再び…。
先ほどのコメントに一部不手際がございましたので、ここで追加させて頂きますね。(いえ、わざわざ追加するほどの内容ではないのですが尻切れトンボになってますので気になってしまって…)

8行目です。
(普通の小説読みの~)の後に、(…友人に「すごく素敵な文章を書かれる作家さんに出会ったから読んで!」と勧めたところ、「小学生みたいな文章だ」とすげなく突っ返されました。その友人も他人のオ○ニーが苦手だったのかな??(笑))

ここからは別の話題ですみませんが。
森さまは多分私と同じくらいのご年齢…と想像させて頂いておりますが、この作品にすごく感動されたということは、私が共感できなかったのは別に年齢のせいではないということですね…。余計悩みます。。。

すみません、お騒がせ致しました!お許し下さい。

yuzu #- | URL | 2009/03/19 20:01 * edit *

>yuzuさま

>yuzuさま

コメントありがとうございます。すっごく嬉しいです。
特に今回は少数派のマイナス評価に共感いただけて
こちらこそ愛と勇気をいただきました(笑)

森さんと私はほぼ同じ年齢なので、つまりyuzuさんと私も同期ですね!
今は作家さんも腐女子の側も、年齢の幅が親子ほど上だったり下だったり(笑)
同じように必ずしも共感できなくても、それは自然だと思いたいですね。

作品も多様性があって、幸いなことに選ぶことが出来る時代です。
(その選ぶのが難しいよね、全部の作家さんを把握できない)
作品の感想が周りと温度差がある時はほんとに哀しいですが
でもそれを腐女子は萌えと呼んで
自分以外のひとの感性も認め合う懐の広い方々だと想像(期待)しています。
二次同人だとか、カップリングが多岐多様でしょう?

一穂さんは、確かに文章に修飾が多くて前回よりも読み進みづらかったです。
前作の小学生のような~(笑)については、きっと台詞使いが(現代口語?)
ご友人には馴染まなかったんではないでしょうか?
実は私もそれが一番ネックに(笑)
そこがいいという意見も多く聞かれましたが。

私もブログをやっていながら有名な作品を読んでいなかったり(;´▽`A``
期待に添えないこともあるでしょうがyuzuさんのようにリアルな意見が聞けると
記事にしてよかった!と思えます。
よかったらまたいらして、サクッと突っ込んでいってください。
今年もたくさんBL読みましょうね。ありがとうございました(^-^)

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/03/19 21:44 * edit *

早速ありがとうございます♪

とっても嬉しいです。
「周りとの温度差を萌えと呼んで認め合う」、確かにその通りですね。
たとえ近しい友人と感想が異なっても、それはそれでいいのですよね。萌えツボは人それぞれですもの。
でも自分がマイナス・少数派意見の時、たった一人でも同じ意見の方がいて下さるとこんなにも嬉しく心強いなんて、思いもしませんでした。もう思い残すことはありません(笑)。今、妙に清々しい気分です♪

ちなみに友人の「小学生みたいな~」発言の真意、よくお分かりになりましたね(驚)!
そうなんです、まさに台詞と地の文にも時々混じる現代口語?や体言止め?のことを言っておりました。
それから一人称と三人称の融合が分かりづらいと。
これについては、だからこそ感情移入しやすくてBLにありがちな手法だと伝えましたが、「ただでさえ登場人物のほとんどが男なのに、視点が何の予告もなくころころ変わると混乱する」と申しておりました。へぇ~、そうなのか、とあらためて一般人との距離を感じた瞬間でした。

余談ですが、ばーどさんが書かれていたヨネダコウさんの書評にも激しく同意です!
この作品に関しましてもマイナス評価は超少数派意見で…打ち拉がれておりましたので、本日拝見して元気百倍・勇気凛々です♪またしてもありがとうございました。

読後に敗北感を味わった時など、また勇気を頂きに伺わせていただきますね。
あ、私がマイナス、ばーどさんがプラス評価でも書き込みさせて頂いていいですか??

本当にどうもありがとうございました!
(実は私もJ庭に行ってました。でもカゴ?背負った方はお見かけしなかったような…。でもどこかでお会いしてるかも知れませんね。) 

yuzu #- | URL | 2009/03/19 23:20 * edit *

>yuzuさん

>萌えツボは人それぞれ
たまたま周りの人が優しいのかもしれないけど(笑)
>一人称と三人称の融合
太陽少年視点なら「~と太陽は思った。」とは
敢えて書かなくてもいいような?わかんないけど。
いや~自分は小説まったく書けないのにナンですが(^-^;
ハマったひとには、それらを乗り越えるさせるものがあるのでしょう。

J庭楽しかったですね!
ちなみにカゴはしょってませんよ私(笑)
スタッフに間違えられてゴミ入れられちゃう?
ヨネダコウさんの列すごいよね。
同人を読んでも私には面白い話である以上の萌えは感じなかったけど
もしかしたら次はハマるかもしれないし?

よかったらまたコメントお待ちしてます。
特に私が偽情報書いたら教えてくれると助かります(^-^;
こんな片隅ブログにきてくれて、嬉しかったです(*^o^*)

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/03/20 09:58 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-11