FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

杉原理生『光さす道の途中で』 

2009/03/30
Mon. 19:30

novel > Rio SUGIHARA 2009 /
During the road where light shines



ひと言でゆーと
三角関係・・・

ただ、話の半ばで一人だけ物理的に距離が出来てしまう。
なのに、最後まで物語は二人なのに常に三人なのだ。

わかっちゃいたけど
まさかここまで焦らされるとは・・・!(笑)
しかも誰の気持ちも態度も曖昧なままで。

自分に向かっているベクトルの意味に
まったく気がつかない主人公。
無理ないとは思うんだけどね。
オクテで真面目な普通の高校生だもん。
友達同士がまさか火花散らしてるなんてね(笑)

けど主人公の存在が他の二人に比べたら
なんだかぼやけて薄いような気がしたな。
キャラが掴みづらい?

どうやら少し可愛い顔してるらしくて
どっちかというと無口で
たまに素直だけど意地っ張り。
でもふたりの男子からモテモテ??
そうだなあ、キャラとして私が好きになれなかった(笑)

そのせいなのか?私の感想もぼやけて結べなくて(;´▽`A``

展開としては目が離せなくて面白いとは思うよ。
今回の作品は最終地点から遡って
物語を創ったそうだけど、最後はなるほどねえと思ったり(笑)


( ̄~ ̄) それでお兄ちゃんのほうは、元サヤに?(笑)
関連記事
拍手する

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

おお。これレビュしようかどうしようか迷ってたら隊長がしてくれた(笑。
杉原本、色々と悩ませてくれるよー。
なんとなく鬱憤とした後味が残る読了だったよ。悪くないんだけどさー。うぅ難しい。
うpどうしようかしらん~

森 #KKCKsE6M | URL | 2009/03/30 20:06 * edit *

>森っち

今回はオイラの味方?(笑)
そう、悪くはないんだけどさー
あと、最後なんでforeverなのって
その根拠は何とかって突っ込みつつ
初めての朝だから?(笑)

関西に行ったほうね、女と同棲ってのもすっきりしないなー
さっさと報告してやれよ(笑)
森っちもこの鬱々さをレヴュにぶつけるのだ!
コメントありがとっv

ばーど #- | URL | 2009/03/30 21:31 * edit *

あれ?これイマイチだった?
私は結構好きだったよ~。

でも杉原さんのは好みが分かれること多いよね。以前ばーどくんが褒めてたヤツが、私にはイマイチだったこともあるし(^^;)

ほいでは連続コメ失礼しました!

かりんこ #- | URL | 2009/03/31 20:15 * edit *

>かりんこはん

そうだねえ、主人公に魅力を感じれたら
ふたりの男が取り合っても説得力があると思うけど
きっと物足りないとしたらそこだけなんだけどな。

テントのシーンは臨場感があって
かなりドキドキした!あそこ山場かと思ったのに(笑)
連コメさんくす~(*^o^*)v

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/03/31 21:54 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-09