FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

いつき朔夜『征服者は貴公子に跪く』 

2009/07/18
Sat. 23:25

bl novel > Sakuya ITSUKI 2009 /
The conqueror kneels to the young nobleman



ドイツ ヒルシュヴァルト侯爵家の20代目 パウル(24)
居城であるゴルトホルン城を売ることを余儀なくされ
日本のホテル王の後継者 慎一郎(30)に託すことを決めた。

しかし、城を後にするつもりでいたパウルは、まさか
自分自身が城のオプションとなるとは思ってもみなかった。



電撃結婚
と思ったのは、私だけか?

契約が秋でしょ、それから
城がホテルとして開業したのが翌5月

とんとん拍子(笑)
といったら語弊があるか。
雇用関係や宗教の違い、許嫁との破談など
片時も心休まることはなかったのだから。

それでも豊かな自然を背景に、開業の準備と忙しない中
惹かれ合ってゆく過程は取り立ててて不自然でもないけど
やっぱり電撃スピード婚(笑)
それも、ライバルというか当て馬もいない本命馬のみ。


それならば、いっそ時間を巻き戻して
城の買い手を捜す段階から・・・
それだと、榎田さんの「ビューティフル・プア」と被るな(^-^;


かつて自分が暮らした愛する国 ドイツへのオマージュ
作者自身の強い意味合いを込めた作品
そんな印象が強かったような気がするのであった。


クーラーが要らない夏なんて?羨ましいねε-(´o`;A アチィ
関連記事
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-09