FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

映画『GET REAL』(英) 

2009/09/28
Mon. 11:51

思春期の地雷をかけ抜けて目覚めよ僕らの恋心

普通の高校生スティーヴンが好きになったのは

陸上部のヒーローだった!

一歩踏み出す勇気があれば世界は眩しい 16歳の“スクールボーイ白書”

邦題「同級生」1998


なになになに?
そんな映画知らないよ?
て、10年前の作品なのに。今さら(笑)

そう、探せば結構ゲイが主人公の映画ってざらにあるなあ。
けどセル中心で、レンタルってあんまりしてないのね?
ぼくを葬る [DVD] がとっても観たいよ!!
ツの字の大手レンタルチェーンは即入れるべし!
(こっちは地方だからなの??(iдi)

今回は偶然TVで放映があり
それを偶然、前もって気がついた幸運以外の何ものでも!

以下ネタバレ前提の、「あらすじで読む映画」(笑)
観たつもりになりたい方はだうぞ。

次回放送予定 LaLa TV
2009/10/08 (木) 05:15?07:15

2009/10/27 (火) 26:00?04:00

※変更の可能性あり
主人公スティーヴン(16)は、作家を目指す才気あふれた少年。

だが得てして、真面目で目標を持っているというだけで
クラスで浮いたり、からかいの対象になるものだ。
彼が心のうちを語れるのは、隣りに住む幼馴染みの女の子だけ。

ゲイを自覚したのは11歳。
今では欲望を紛らわせるのに自宅近くのハッテン場へ
学校帰りの制服姿で現れる大胆ぶり。

しかし家に帰れば、両親の期待がのしかかり
プレッシャーと後ろめたさで潰れそうになっている。

そんな彼には高嶺の花と諦めていた学校のヒーローがいた。
陸上部で首席でもある3年生のジョンが、ある日ハッテン場に現れる。
最初は自分を否定し、スティーヴンを受け入れなかったが
次第にふたりは親密になっていく。

スティーヴンはこれまで、体の関係だけではない
対等で信頼しあう恋人をずっと求めていた。
そして理想の男性とつきあい始めて
彼は生まれて初めて心が満たされる。

だが、付き合い始めると、どんどん欲が出てくる。
毎日会いたい。学校でも話かけたい。
周りにボクらを認めて欲しい・・・

しかし、ここで「ゲットリアル」?現実を見よ!となるのだ。

スティーヴンの要求をほとんど応えてやれないジョン。
彼は陸上部のヒーローとして記録を残し
家族の期待を背負ってオックスフォードへと進学する。

誰からも認められているが故に
真実と引きかえに失うものが多すぎた。
臆病で卑怯で可哀想なジョン。

スティーブンは思い悩み、学校誌に匿名で寄稿する。
一人のゲイとしての悩みや鬱憤をつづったそのエッセイは
しかし、検閲で削除されることになってしまう。

一方で新聞社のヤングジャーナリスト賞を受賞し
学校で表彰されるというその日、二人に決定的な出来事が起こる。

不自然に寄り添う二人を同級生に目撃され
ジョンが保身に走り、スティーヴンを殴り罵しったのだ。
「このホモ野郎!」

絶望と哀しみのなか、ステージに上ったスティーブンは
級友や教師や両親、そしてジョンを前にして
今までの自分の孤独で苦しい気持ちを吐露し
ゲイであることをカミングアウトする。

それはジョンとの決別を意味することでもあった。





告白は概ね好意的な拍手で締めくくられ
母親や女性のクラスメートの理解もあって
スティーヴンは、これからは今より自然体で
すこしだけ楽になれるのかなと想像できる。


なんだかんだと保守的はアメリカならまだしも
イギリスにしてもそうなんだと
その差別や偏見に目を見張る。

私って本当楽天家で無知なんだと思い知る。 
舞台となったここが、地方の長閑な地域なのもあるだろうが。

鬱蒼とした森での逢瀬。
ジョンの自宅プールでのキス。
幻想的でロマンティックなシーンがあるが
ちなみにどれもキス止まりである。
映倫的に?(笑)

だから、これって芸術作品というより
さりげなく日曜日の昼間に民放でかかって
フレンドリーな家族は居間でいっしょに観ませんか?
ってな道徳映画みたいな、そんな印象に。

そう、青春もの、なんだな。
だから、BLと思って観てはならぬ?作品なのだった。
そこ、私勘違いしてたあるね(笑)

初めての朝に、ジョンがベッドから
自宅に電話して、ママに外泊して謝るシーンも
こんなあたりまえのことも新鮮だった(笑)

もし、先入観なしで、例えばもっと主人公に近い年齢で観れば
ずっと感動的で爽やかな甘酸っぱい映画として楽しめたかも。

または親として、子供がゲイであった場合の
良い指南書となるかもしれない。

この内容なら、日本のアイドルで邦画化しても大丈夫かも。
でも、誰がいいとかまでは分からぬ無知さであった(〃・ω・)ゞえへへ
関連記事
拍手する

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

こんにちはー。
この映画みてみたいけど、最寄のTSUTAYAじゃそう簡単に置いてないのですよねー(><)
いつ放送されたのでしょー。ケーブル?
それにしても原題と邦題では受け取るイメージが違いますネ・・・。

けっこー胸の痛くなりそうなお話ですが、一応前向きな感じで終了しているんですか・・・
結局付き合った人とはそのままサヨナラなのですか。
制服でハッテン場とは(^^;)

> さりげなく日曜日の昼間に民放でかかって
そういえば昔、
「モーリス」が昼間のTVで放映されてたような・・・

jumpi #w7E8CPEA | URL | 2009/09/29 08:21 * edit *

>jumpiさん

こんにちは~
おおお~興味示してくれてありがと!
さっそく調べたら来月もありました!
なので、観られたらいいんだけども・・・

> それにしても原題と邦題では受け取るイメージが違いますネ・・・。
そうそう、何故?って感じ(笑)
しかも去年同名邦画が公開されてて
もちろん内容関係ないし(笑)
>
> 一応前向きな感じで終了しているんですか・・・
> 結局付き合った人とはそのままサヨナラなのですか。
主人公にとっては前向き。
相手は、どうせ卒業しちゃうしね(爆)

> 「モーリス」が昼間のTVで放映されてたような・・・
え!(゜o゜;)  それもなんだか(笑)
懐かしいな~ 最近wowowであったとか噂だけ。
でも自分あっても観られなかった(iдi)

主人公はともかく、ジョンはいかにも英国の美少年で◎なルックスです。
観ることできたらいいんだけどな。
コメントありがと~(*^o^*)

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/09/29 09:35 * edit *

スティーブンとママ、よく似てたよねえ。
ジョンの取り巻きのフォモフォビアの彼、絶対隠れゲイだと確信した(笑)
このコがプールに現れたときの動揺しまくってたシーンが印象的で・・・・
はれ?幻想的でロマンティックだったっけか?
青春のバカヤロー映画だよね。爽やかだったっす。

イサヲ #- | URL | 2009/09/29 22:36 * edit *

>イサヲくん

主人公のルックスが平凡なとこがミソかもね(笑)
取り巻きの彼は、もう半ばジョンはそうだって
気がついてるんだけど見てみぬ振りというか
知らんぷり。尊敬してるのに認めたくない。
屈折してるけど大事な役所だ。

>はれ?幻想的でロマンティックだったっけか?
そこだけ!切り取ったときね(笑)映像美!

もしかして少し時代がクラシックなのかと思ったけど
携帯出てきたし、でも現代ものにしては
やっぱ、カントリー風(笑)
コメントありがと(^-^)v

ばーど #iDX8.YKs | URL | 2009/09/29 23:33 * edit *

こんにちはー。この映画、LALAテレビで見ましたよー。
とっても真面目な映画でしたねー。いろんな出来事はあったものの劇的に描写せずサラっとした雰囲気の映画でしたねー。
ジョンは青少年っぽく悩んでいて、それゆえに主人公はかなり振り回されていましたが。
ジョンの行動には全く落ち着き無かったけど、もし自分がジョン的立場だったらと考えると、狭い学校社会、
やっぱジョンのように常に不安定で落ち着き無い行動しちゃうのかなー。(- -(_ _(- -(_ _・・・ウムウム
その点、主人公はあの年齢にしてかなり達観(指向とか)してて大人。
周囲にいた女子は主人公にとって有り難い存在でしたね。

> 主人公に近い年齢で観れば
同感でーす。もし彼らに近い年齢だったら、もうちっとピュアな気持でこの映画を見られたと思います。そして甘酸っぱい映画として想い出に残ったかも。老けたナー自分。
マル裸のジョンの後姿もGoodでしたが、主人公の細長い首もキレイでしたね。しかし主人公は外見のわりに声が渋かった。(^-^)

jumpi #w7E8CPEA | URL | 2009/10/10 09:08 * edit *

>jumpiさん

こんにちは~、ちゃんと感想までありがとう!嬉しいです。

> とっても真面目な映画でしたねー。
> ジョンは青少年っぽく悩んでいて、
そっかー、真面目なんだ(笑)そうだそうだよね!
むしろジョンの方が自然体だったかもしれないね。
そしてこれからエリートの中に入るとしたら
ますます性癖を隠しながら生きて行くのか。
でも一応バイなんだっけ?<(; ^ ー^)

>しかし主人公は外見のわりに声が渋かった。
関係ないけど渋い声といえば、映画ワイルドスピードの
ポールウォーカーの声が、誰がしゃべってるのか分からないくらい
ソフトな二枚目(若い頃は)の外見に似合わず、かっこいい。
今月公開のシリーズ、観に行きたい、それが言いたかっただけ(笑)
コメントありがとう(^-^)v

ばーど #- | URL | 2009/10/10 20:42 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2019-09