FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

鳥の巣だより:6 

2010/01/18
Mon. 11:01

bl novel >
新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよ・・・
みたいなBLを簡略にとりあげた隙間記事なり



愛の言葉は花言葉(シャレードパール文庫) 海野幸 ☆
主人公のバイトする花屋さんに通い詰める、花言葉オタクなヤクザの若頭。・・・はうあ?
若頭でなければならない理由が見出せず。でもそれを求めることなく読めるのなら
それなりに、楽しめる、かも、しれない(笑)


色彩の檻 (二見シャレード文庫) 西野花 ☆
初めて作家さん。・・・最初の本を間違ったんだろうか。
近親そーかんで、3p。しかも半分、いや3分の2は、ヤッてる(^-^;A
エロス以外がキツかったので(笑)他の作品を探してみよう今度。


傲慢で優しいシナリオ (ゲンキノベルズ) かのえなぎさ ☆☆
これまで全然見つけられなかったのに、東の遠い街で突然手に入った。
忠犬×パワハラ先輩で三角関係。シナリオライター同士だからなのか
肝心な時の台詞に限ってやたら装飾語?を意識してる感じがして可笑しい。
本が分厚いだけじゃなく、なんとなく話が長かった印象。
今年は新作読めるかなあ?


b-boyで寿たらこさんが始動!(≧∇≦)♪
チラッと読んだら、期待ですっごくゾクゾクしたよ!
もうコミックになるまで絶対立ち読みしないもんね(笑)

関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-11