FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

杉原理生『羊とオオカミの理由』 

2010/04/18
Sun. 22:34

bl novel > Rio SUGIHARA / Sheep and wolf's reasons


章彦は28にもなって、大学生の義理の弟 太一を
目に入れても痛くない程に可愛がっている。
再婚した両親が揃って他界したため、以来助け合って生きてきたからだ。
太一も兄の愛情に応えて、素直に育ってきた・・・兄の前では。

ある日、太一が親友 亮介を一時的に間借りさせたいといってきた。
仲睦まじい兄弟の元にやってきた亮介は、やっぱり羊を食べるオオカミなのか?



長男×長男という目でみると、なんだか新鮮な感じ。
軽快に読ませてくれて面白かった。

最初は反感を持ちつつも、ちょっとづつ好きになって
いつのまにか惹かれあうパタンは好きだし
亮介は最初、本当に意地悪だし(笑)

しかも弟が、羊なのかオオカミなのか、進行上あいまいなままなんだけど
ひとつ屋根の下に三人という状況で、良いアクセントになってたと思う。

章彦も初エッチの後「良かった事にしとくか」って
年上っぽく甘やかすとこが、すごいツボって
最後はとても幸せな気持ちになった。王子さまだもんね(笑)


ところで
この羊とオオカミってゆうのは玩具メーカーに勤める章彦が
仕事で企画しているぬいぐるみからきているのだが。
・・・ぶっちゃけ、このタイトルと竹美家さんのイラストのせいで
すぐ購入しなかった(笑) メ、メルヘン? (;´ー`)┌

ぬいぐるみがハマりすぎなのも当たり前、このホームラブコメディ
先に竹美家さんのイラストありき、なんだとか。
な の に! 読み終ってもイラストとイメージが合わないんだよね?

章彦がぬいぐるみを見る目は、あくまで仕事であって
もちろん仕事として手を抜かず、熱意を持って臨んでいるが
そこにメルヘンの要素はあんまり感じないからだと思う。

章彦が創っているのは玩具であっても、彼自身がブラコンであっても
常識のある社会人のかっこいい男性だなあとゆう印象だからかもしれない。
まあ、確かに毎朝いっしょに食卓に着く兄弟、てのはメルヘンかもな(笑)

え、じゃあ私が読んだ作品と杉原さんの世界観はかなりズレてるのか?
・・・面白ければ、それでいっかな?!(⌒o⌒)

羊とオオカミの理由 (幻冬舎ルチル文庫)羊とオオカミの理由 (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/03)

杉原理生


関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09