FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

いつき朔夜『スケルトン・ハート』 

2010/04/22
Thu. 19:16

bl novel > Sakuya ITSUKI / skeleton heart


工学部助教授の千晶が密かに慕っているのは、大学付属工場の職員 荒巻。
出会ったばかりの頃、迂闊にもまだ若い荒巻の自尊心を傷つけた所為で
3年経ってもなお、疎遠なふたり。 

千晶は彼を忘れられないまま、今また別の悩みも抱えていた。
それは年上の教授との、体だけの関係だった。


学生の頃から師事してきた教授の不義理のせいで挫折感を味わい
地方で新しい環境に身を置き、講師として再スタートを切った千晶は
同じく高専を卒業したばかりで、作業着も真新しい荒巻と出会った。

進学を諦め、将来への夢と希望を失い、心が挫けそうになっていた彼に
千晶は一方的なシンパシーを抱き、結果彼へのアプローチを間違ってしまう。
荒巻に拒否された気持ちを引きずりながら、千晶は久能教授と弾みで関係を持つが
久能を組敷きながらいつしか、荒巻にそうされたいという願望に耽る。

千晶がそうしている間にも、あの日割り切れない思いに悩んでいた荒巻が
千晶に辛くあたったことを後悔し、その思いをバネに
日々加工技術を向上させんと身を粉にして働いてきた。そのおかげで
すれ違ってい彼らの心が再び向かい合うことが出来たというのに

そんな純粋で勤勉な若者に比べて、大人たちときたら
荒巻が精進している間に、爛れた関係を続け(笑)
千晶は誰が読んでも真意の汲めない内容のメールを誤送信するし(驚)

久能教授もまた苦悩するひとりの哀れな不能の男なのだが
荒巻に依頼したのは、どう考えても職権乱用、しかもサイテーな(爆)
先生たちのヘタレぶりにはっきり言って呆れるというか鼻白むつうか・・・

でもそれらのことに目をつぶれば(笑)大学付属の工場なんて初めて耳にしたし。
校内にブルーカラーとホワイトカラーがわらわらと入り交じる光景とくれば
これに萌えない腐女子がいようか、いやいまいて!

純情一途で朴訥とした、でも時々切れちゃう情熱的な青年 荒巻と
見た目からは感じさえないけれど寂しがり屋の千晶
その仲睦まじい姿は、まるで「ボルトとナットのように」・・・ってえ?!
朔夜さんて、いつもこんなに台詞がベタだったっけ ( ̄▽ ̄;A

クサくて恥ずかしいんだけども! でも真面目だし?
う?ん、こういう作品として読むべきか・・・
披露宴のスピーチネタでもさすがに、ない、かな? ε= (*^m^*) プフッ

スケルトン・ハート (新書館ディアプラス文庫)スケルトン・ハート (新書館ディアプラス文庫)
(2010/03/09)

いつき 朔夜


関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09