FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

モンデンアキコ『1円の男』 

2010/06/12
Sat. 22:00

bl comic > Akiko MONDEN 2010 / man of 1 yen


1円の男 (花音コミックス)1円の男 (花音コミックス)
(2010/05/29) モンデンアキコ


事務所に戻った私立探偵の三条を待っていたのは
無愛想で不遜な、エリートを絵に描いたような男 政木。 
この新しいクライアントが依頼したのは
1500万を持って行方をくらませた男の捜索。三条は
この案件を追ううちに、政木本人への興味を覚えて・・・





金融機関で預金の運用を任されるエリート 政木。
なのに彼は、自分から金をとったら何も残らないと思っている。
彼から自信を、その自尊心を奪ったのは、母親のからの否定。
ゲイである自分は母親に認められない、故に愛される価値がないと。
そんな彼にとって、今では金こそが愛情の計りだった。

三条は政木の、そんな不器用さに惹かれていき
政木のほうも、その愛の見返りに金を出すというのだが
当然金は要らないとなる。そこで政木の頑固さに折れて
三条が提示した金額、それが一円。

これまでにも金は要らないと拒んだのは、三条よりも先に
何人もいると思うのだが、彼らと三条の違いは何だ?
政木の内面に踏み込み、かつ全てを受け入れるその包容力か?
ノンケでありながらも優しく情熱的な真っすぐさ、しぶとさで
政木の劣等感を払拭してくれたからなのか。

そういえば三条が探偵になった経緯というか過去って何だろう?
と思ったら、さっき気がついた。帯に書いてある。
元警察庁キャリアってか。そりゃねえよな?!!(笑)
いや、いかにも向いてないからこそ辞めたんか(^-^;A


感想としてはね、お、面白かった、と思う(笑)
でも、なんか明るいんだけど?(;´▽`A`` 
これが"モンデン"さん?!って、実はちょっと驚いて引いたんだよね。

この前の「女衒夜話」みたいな作品が陰とするなら
今回どっちかというと陽なんだもん。眩しくて(^-^;ちょっと恥ずかしかった…

とはいえ最後に 組の若頭 × 跡目という ご褒美があったわけで!!(笑)
ボン(跡目)に「好きにしろ」て言われたら、もう獣になるしかないやね!!

(;゚∀゚)=3ハァハァ < -- ちょっとメーター振り切れたちゃった。


ともあれモンデンさんは、BLであろうとなかろうと
すばらしい漫画家のひとりであると証明してみせたし
作風も決して偏る事なく何でも描けるという実力を示してみせた。

私の好むような渋めの作品だって
明るくて楽しい作品をバランスよく読めてこそ、だろう。
ただ今回いきなりそう来るか?って感じでビックリしたんだよね(笑)
私が知らないだけで、どれも"もんでん"さんであり、"モンデン"さんなのだろう。


今回の初BL単行本は、まだアイドリングってゆうとこかな?
エンジンあったまったらどんな世界で魅せてくれるか楽しみだね!



関係ないけど
もんでんさんのご主人はデジタル処理担当なのだとか。
へ、へえ?(^-^;)> 



関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09