FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

bl novel > Ruka TAKATOH 2010 /



世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)

世界の果てで待っていて ?嘘とナイフ? (SHYノベルス)
世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)(2005/09/10)
世界の果てで待っていて ?嘘とナイフ? (SHYノベルス)(2010/10/22)
強盗殺人事件の被害者であり遺族でもある黒澤は刑事を辞め、今なお独りで事件の真相を追っていた。
黒澤探偵事務所のクライアントの弟に殺害容疑がかかり、無実を証明するべく新たに依頼を受けるが。
まる五年の歳月を経て、シリーズ待望の新刊! 以下続刊!!



黒澤統一郎は、過去に生きている。
最愛の妹の、可能性に満ちた未来が理不尽に断たれた、その理由を探している。

悲嘆と絶望が怒りに代わり、すっかり冷えきった胸の奥にある黒い塊は
硬いハガネのようでいて、中身は溶岩のように、その核は今もなお赤く熱く。

激情が過ぎ去り、執念となって、自身を追い込み、他人を遠ざける。
果たして統一郎が目的を達したとき、彼の側にいるのは?
そこが世界の果てなのか? そして統一郎の真の目的とは?


統一郎のストイックさと孤独が、彼の強さと危うさでもあり
私にとっての、この作品の魅力に尽きると思う。
そこにヒロイン(雪人)への依存や関与が、今の段階では大きくても小さくてもダメなのだ。

人は愛がなくても生きていけるかもしれない。だからこそいずれは
統一郎には苦しんだぶんだけ、幸福を追求し愛を手に入れ未来に生きて欲しい。



5年前の作品ということで、とっくに高遠さんの構想自体は完成してあると思いこんでいたが
実際はどうなのだろう。 案外話が当時よりも膨らんでたりしてね?
2冊目で完結するものと思っていたわたくし(^-^;

作品自体は期待を裏切らず、今後もかなり面白そうだから、それは良い事だとしても
困ったことに、私自身が続編を待ち望むあまり
無意識に統一郎のことを美化していたんだなあと、今回読んでいて思う事数回。

でもきっと続きを読めるのはそんなに先じゃないはずだから、その点の心配は・・・
版元が特設ページ2冊同時発売記念特集をしているのだが、なぜ時期を言及していない(笑)




関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09