FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

剛しいら『ムーンライト/ペーパームーン』 

2011/07/07
Thu. 19:30

bl novel > Shiira GHO


ムーンライト (ガッシュ文庫) ムーンライト (ガッシュ文庫)(2009/08/28)剛しいら
ペーパームーン (ガッシュ文庫) ペーパームーン (ガッシュ文庫)(2011/05)剛しいら

二人が出会ったのは、月に導かれた浜辺
散歩で通りがかった一樹が見つけたのは、波打ち際で瀕死の浩之。

その時、彼らは素性や肩書きを抜きにして、ただ惹かれあう者同士として出会った。

一樹が内科医なのも、浩之は心臓に疾患があることも
すべてはただ、月のはからい。



「僕の身体は、人を愛するようにできていない」

心拍数を上げることは命に関わるため、セックスができない浩之。
だが相手が何にどう満足するかは、カップルの数だけ違うはず。
彼らはそれを手探りで、だが決して妥協ではない地点を目指しつつも
必ずしも命を伸ばすとも限らない外科手術に踏ん切りがつかない・・・




全編を通して、この作品には激しさがないように感じるが
それは一般のBLにおいて、愛はフィジカルな快楽で表現されるからだ。

だが激しさはなくとも、強さはある。
思いやり、労り、敬意で、愛を充分に表現している。


命の尽きるその日は、頑健な者にもそうでない者にも等しく分からない。
その事実は、この作品にも自分にも重くのしかかるが

毎日を後悔しないように生きようと誓う主人公に
生きることの意味を求めて躍起になる私たちは
誰しも心動かされるのではないだろうか。







関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09