FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

モチメ子『親愛なる東雲家へ f 』 

2012/01/18
Wed. 18:03

bl comic > MOCHIMEKO 2011 / Dear SHINONOME family ~f~


親愛なる東雲家へf-フォルテ- (POE BACKS Babyコミックス) 親愛なる東雲家へf-フォルテ- (POE BACKS Babyコミックス)(2011/10/24)モチメ子
リターンでもマックスでも、ましてや"2"でも"続"でもなく
フォルテってぴったりすぎて、ぐうの音も出ないとはこのこと(笑)


この一家はまごうことなき血縁関係で結ばれており、大黒柱はホステスの母(なのか?)
そして物語の柱は、主夫 遙(52)と長男 宗(27)との隠微な関係・・・(公然だけど)
なのにこの家庭に背徳的な影はいっさいなく、二男も三男も義娘も孫も皆、天真爛漫。



あとがきで作者曰く、それぞれの登場人物には自分のあらゆる性質が振り分けられていると。
なるほど、であるならこれは東雲ファミリーではなく、東雲さんという
一人のキャラクタの人格が織りなす白昼夢、ファンタジーと言えなくもない?

もしそうなら、父 遙がダメよダメよと毎回本気で言いつつ、毎回快楽に流されながらも
あくまで長男の父であり、内孫をあやす祖父の顔と、妻を愛する男の顔を持つ矛盾が
それを容認する家族たちも含めて、なぜかストンと合点がいく。

だって自分のなかにもある矛盾。 良いところ悪いところ、自分に対して甘いところ
他人に対して厳しいところ、慈しむ心も無関心も、すべて思い当たるから。



とにかく、そんなBL担当の彼らも東雲家にあっては瑣末なこと(柱じゃなかったのか)
ポジとネガで一心同体の次男と三男に癒され、バリバリ働く女性軍に励まされ
そう、これは笑いと涙の、愛の劇場、なのである。






関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-08