とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

:cx 

2012/05/08
Tue. 22:08

bl comic > 新刊で買ったものの・・・ usedで買ってみたよetc.・・・的マトメ記事


出会った頃はまだ背が低かったね、という2本立て (´∇`)



成長痛 (Feelコミックス オンブルー) 成長痛 (Feelコミックス オンブルー)(2012/04/25)梶ヶ谷ミチル
 合宿先で出会った他校のひと。なぜか別れがたく、文通を始めるふたり。
そうまでして繋がり続けたい、その衝動を何と呼ぶのか、彼らはまだ知らなかった。


離れていると寂しくて切ない、せっかく逢えても素直になれない。
この胸の痛みに比べれば、骨のきしみはいくらでも我慢できる。

高校生にとっての物理的距離、レスポンスの長い手紙は障害ですらあるが
一方で、この恋が成就するために欠かせないのはむしろ時間だったかもしれない。
移りゆく季節とともに少しづつ成長していく少年たち。


・・・と、こんな感じだけども、こういうのは作家との相性なんだろうか?
本来ならじんわりと爽やかな余韻を感じるべき作品かもしれないけど
ちょっと私には物足りない。なんだろな。 それともそれが
いつのまにか私が失くしたかもしれない純情のせいなら、自分が哀しすぎるわ~(爆)




オールモスト・パラダイス (ショコラコミックス) オールモスト・パラダイス (ショコラコミックス)(2012/04/26)松尾マアタ
田舎の名士の家に生まれ、周りのプレッシャーに大人しく耐える優等生の少年は
都会からやってきた自由な美術教師に心惹かれてゆく。

その時はまだ中学生だったんだよね、その少年が大人になって運命の再会。
およそ10年ぶりなんだから、改めておトモダチ?から始まるほうが自然な気もするのだが
どうなのだろう?(゜.゜) 一足飛びにベッドになだれ込んだような、 いや畳だけどさ(笑)

初めて読んだ作品が洋モノだったせいか、日本なのにどこか異邦人のような彼ら。
ファンタジーもありの、これからどんな方向性でいくのかなあ?







最近すっかり無精してますm(_ _;)m

BL本、買っていないわけじゃないのですが・・・

以前なら、読んだものはどんなものでも、すべからく感想を述べるべし

などと気負っていたのですが

つまらないものをつまならいと書いたところでお目汚しにしかならない

と気付きまして、それなら書きたいものだけ書こう、といったん決めたら

モチベイション下がり続けの、そのままどんどん楽な方へと流されてしまいの(笑)

でも私からBLとったら何も残らないおばさんなので

ほそぼそ且つひっそりと更新できたらと思ってます (´ε`*)






関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-05