FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

山中ヒコ『ギブズ』 

2012/07/15
Sun. 21:42

bl comic > Hiko YAMANAKA / gives


ギブズ (ディアプラス・コミックス) ギブズ (ディアプラス・コミックス)2012/05/30)山中ヒコ
田中は、親(組長)を殺されたことも、自分が若頭だったことも思い出せず
目の前の男が、自分を生き埋めにした張本人であるとも知らないまま
刺客からかくまうためという原田の嘘を信じ、軟禁状態でヒモのように暮らし始める。

原田のあからさまな好意に戸惑いつつも次第に信頼を寄せ
それ以上の何かが芽生えかけたとき、事の真相を知った田中は・・・


原田の裏切りと、組長の無念を思えば、怒りに我を忘れ報復するしかないと思われた。
しかし、帰るべき組もなければ、守るべき面子もなくなっていたとはいえ
田中はそのまま極道から身を引いた。
非情なヤクザの世界で、情に厚い田中だからこそ、その結末は私には受け入れ難く思われたが




だがもしかすると、原田が田中の何もかも奪ったように見えて実は
最初から田中自身、何も持ってはいなかった、というならあり得るかもしれない。

天涯孤独で、金にも執着しない田中が、唯一組長にだけは利害や欲とも関係なく
実の親のように慕っていながら、その他大勢の擬制的な親子関係に甘んじていたとしたら。
その満たされない気持が、知らず知らず原田のような男を引き寄せたのだとしたら。


そもそも、田中の記憶喪失というアクシデントで猶予ができたにせよ
原田の計画が上手く運んだとしても、文字通り死を覚悟していたはずで
初めから計画そのものが破綻していたのだから。

あの、打算的な人非人の原田が、身を呈して証明してみせた無償の愛。
好きな男の心を奪いたかったわけではない。ただ愛くしみたかっただけ。
それは結局、田中のことすら信じていないということなのだろう。

田中は生きることを許した。
端から死ぬつもりの男を望みどおり消すよりも、原田に変わって欲しいと思ったのか。

原田は許されたことで、変わるだろうか。
生き方を改めるだろうか。 過去の過ちを償うだろうか。
だか変わらなければ、田中が本当に望むものは与えられない気がするのだ。


タイトルのgives は、forgive(許し)にもかけているのかと思ったが
田中が原田に与えたチャンスのことでもあるかもしれない。
そう思えば、描きおろしの結末のさらにその先に、かすかな希望が見えてくるのだ。
関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2018-08