FC2ブログ

とうがたった腐女子です

いくつになってもヤメられない?!>>腐女子によるBL漫画&BL小説偏りブログ WELCOME TO MY BLOG.LET'S TALK ABOUT "MOE"!!

寒いですね 

2014/02/22
Sat. 20:30

大雪、すごいですね。
いつ誰にふりかかるかわからない自然の脅威は
次は我が身かもと、この時代に生きていても本当に恐ろしいです。



先日、8年間(8シーズン)見続けた米ドラマ(*1)が終わりました。
いろいろと感慨深いです。



主人公は地位も(前科一?犯)、名誉も(悪名も)築きあげながら
自他共に孤独と認める男はドクターで

一生にひとりの女を手に入れたと思ったら、泥沼化したのち彼女は去ってゆき
生涯にひとりきりの親友は病に倒れ、先立とうとしています。

親友は治療を受けず、余命半年という宣告を潔く受け入れたいと願いますが
残される者のために病と闘い、苦しみと引き換えにしても一緒にいる時間を伸ばすことも
相手への思いやりではないかと周りに諭されます。

親友はドクターに伝えました。 自分が逝くときは側にいて愛してると云って欲しいと。

けっきょく親友の意志を尊び、残された半年を最高のものにしようと、ドクターは病院をあとにし
築きあげたものすべてを置いて、ふたりはみんなの前から姿を消しました・・・



だいぶ端折りましたが(笑)、こんなかんじです。
強い絆、その集大成です。
そしてやはり半年後が気にならないかといえば嘘になります。


もう一本、同じくらい続いた米ドラマ(*2)マイアミの殺人鬼も終わってしまったばかりです。
こちらの主人公も、最後は愛する者のためを思って、自ら幸福とは程遠い道を選びます。
共通するのは、愛という名の究極の自己犠牲なのでしょうか。
もしくは因果応報ともゆうべき、そうするしかできなくなった
自分のこれまでの生き方のツケを払ったとでもゆうのでしょうか。

そんな終わり方なのでなおさら、8年越しの付き合いの末の別れは寂しいものです。


そういえば30年以上続いている漫画(*3)もありますね。
作者はさいきん年金の受給が始まったとかなんとか。
漫画の中で主人公は一切年をとってないというのに!
なんだかもう複雑な感情がせめぎ合って、胸が苦しくなります・・・



私はときどき自分の晩年を考えます。
今を忙しく一生懸命生きている人には笑われるかもしれませんが
自分も逝くときは人生のツケを払うのかなあと思わずにいられません。
なんでしょうね、そういうお年頃なんでしょうか(笑)






*1「Dr.House」
*2「Dexter」
*3「エロイカより愛をこめて」




関連記事
拍手する

[edit]

***
***

page top

2019-09